不眠症

著者 :
  • パロル舎
3.70
  • (3)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894192867

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵本のような。とにかくめちゃくちゃ怖い。
    掃除中に友人が発見。市内校最大規模を誇る図書館であるがなぜこの本を蔵書に加えようとしたのか全くもって謎。

  • oto-gallery扱い創作版画家の全編木口木版画で構成された絵本。
    眠れない夜が続く様を独特のキャラクターで表現。
    元祖『コワカワイイ』今や市民権を得た様なアート。
    どちらかと言うと大人向け絵本。
    〜置いたら売れるベストセラー。(←あくまでもoto-galleryでの話)

  • 不眠で悩んだことはないけれども、早川純子の描く眠れぬ狼(狐?)の苛立ちと憎悪はひしひしと伝つてくる。目に狂気の色を湛へるほどに眠れぬ苦しみを苦しむ彼の姿は残酷で切ないけれど、どこか滑稽で愉快だ。

  • 「トラウマになる絵本」を検索していたら発見しました。

    版画絵の独特な味わいが、不穏な空気をしっかり表現しています。
    怖いを通りこして、むしろアートの域…。

    控えめに添えられた言葉が上質で、
    読みすすめながら ジワジワと不安感が募っていく…。

    私自身、よく不眠症に陥るのでこの世界観にどっぷり浸れました。

    出てくるキャラクターの発狂具合が、ラットフィンクに似ています。

  • 絵と、ことばが、、、がり、ごり、ぎぎぎ〜と、くるのです。

  • 鈴木達央氏ご推薦の本。まだ卯月は読んでません。(爆死)

全7件中 1 - 7件を表示

不眠症のその他の作品

早川純子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

不眠症はこんな本です

ツイートする