バムとケロのにちようび

著者 :
  • 文溪堂
4.27
  • (439)
  • (191)
  • (191)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 2233
レビュー : 266
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894230422

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とんでもないおもしろさ。絵本の中に出てくる家具がおしゃれ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      出版されて20年ですって!
      出版されて20年ですって!
      2014/03/24
  • 雨の日にドーナツが食べたくなっちゃう楽しい絵本

  • もっと前に読んだときはイマイチ反応なかったけど
    今読むとすっごくおもしろいみたい。
    ケロちゃんがお気に入りです。

  • 1度読んだだけでは気づかなかったのだが、各ページの家具や道具がバムやケロの形をしていたり.
    ストーリー以外にも1ページ1ページをじっくり見ていく楽しさがある本です.
    小さな子供から大人までみんなで楽しめる絵本.

  • 一生懸命掃除して、ゆっくりおやつを食べるというところがとても好き

  • 【貸出:学校】しっかりもの?のバムと自由なケロの暮らしを描くシリーズ。一作目なのでまだ小ネタは少ないけど、明るい色使いと楽しい家具は見ていて飽きない。登場人(?)物はかわいいというより味がある感じ。

  • 図書館本。長女選定本。絵を追っても楽しめるのがこのシリーズの面白さでもある。泥んこで帰ってきたケロちゃんをまるっと洗うところで親子でププッ。

  • 3歳

  • 娘も私もどハマり中。いやいや、蛾だったら暗くても気が付くと思うんだけど・・・バムとケロも虫や蛾は気持ち悪いんだ、とちょっと意外。バムが掃除頑張りすぎて、ちょっと不憫でした。(3歳11か月)

  • 初めて読んだバムとケロ。見飽きないおもしろさ。

全266件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。パッケージデザインなどを経て、フリーに。絵本に『バムとケロのにちようび』、『バムとケロのさむいあさ』、『バムとケロのおかいもの』、『かばんうりのガラゴ』『うちにかえったガラゴ』(以上文溪堂)、『かぞえておぼえるかずのほん』(すずき出版)等がある。カナダ在住。

「2019年 『バムとケロのカレンダー2020』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田ゆかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印

バムとケロのにちようびを本棚に登録しているひと

ツイートする
×