バムとケロのおかいもの

著者 :
  • 文溪堂
4.36
  • (506)
  • (179)
  • (179)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 2567
レビュー : 272
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894232105

作品紹介・あらすじ

くるまにのってみんなでおでかけ!すいようびはみんなでおかいもの。なにをかおうかなぁ…。バムとケロからのプレゼント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読んだ年齢 4歳

  • 自宅の本棚

  • 面白くて30回くらい読んだ

  • 綿密な塗り、細かい書き込みはついついじっくり見てしまう一冊。
    フライパンのくだりは絵本ながら、驚きをもって読める。

  • 三歳児が年度後半になり夢中になっているシリーズです。
    自由人!無邪気でかわいいいつまでも少年の心を忘れないであろう(笑)
    でもこんなお友だちがいたら周りはちょっと大変かも!?の
    カエルのケロちゃんとそんなケロちゃんをやさしく見守る
    バムのコンビが私も大好きです。
    ある子が「バムはお母さんだよ」といってました。
    おそらく・・・バムは男の子でしょうが確かにお母さんのような
    まなざしでケロちゃんを見守っているなぁと思いました。

    挿絵がとっても細やかに描かれていて見るたびに新しい発見があります。
    なんでもない日常なのにくすっと笑ってしまったり、「ぼくはコレ!」「私はコッチがいい」
    「ミテー○○シテルヨ!!」挿絵をみながら
    友だち同士での会話も広がります。
    そんな じっくり みんなで楽しめるシリーズです。

    「おかいもの」では月一回の買出しの様子が描かれています。
    最後にでてくる「ケロちゃんお気に入りのパンケーキのフライパン」
    本当に手に入れることができるんですよ!

  • 小学生の時に夢中で読んだ。また読みたいなーどこかに置いてないかしら

  • 次女、出産祝いで頂いた本。「そらのたび」を気に入っていたのでこの本もすぐにお気に入り。今風なリアルかわいいイラストもお気に入りポイントなのかな。

  • ケロちゃんのチョッキ、背中がかがってあるの、前回かいちゃんに破られちゃったからか!通読するとまた発見があって楽しい。アイスを落としたヤメピの悲しいお姿よ…

  • り。1520
    7y0m
    ☆3

    じ。798
    4y4m

  • 図書館。
    5歳3歳には響かず。

全272件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

島田ゆか 
東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。パッケージデザインなどを経て、フリーに。絵本に『バムとケロのにちようび』、『バムとケロのさむいあさ』、『バムとケロのおかいもの』、『かばんうりのガラゴ』『うちにかえったガラゴ』(以上文溪堂)、『かぞえておぼえるかずのほん』(すずき出版)等がある。カナダ在住。

「2020年 『バムとケロのカレンダー2021』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田ゆかの作品

バムとケロのおかいものを本棚に登録しているひと

ツイートする
×