チップとチョコのおつかい

  • 文溪堂
3.80
  • (13)
  • (10)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 155
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894232266

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イチゴジャムサンドイッチ・・・イチゴ入りパンプディング・・・相変わらずどいかや先生絵本のお菓子は美味しそう・・・

  • こいぬのチップとチョコの兄妹が買い物に行ったのですが、貰ったいちごをほとんど食べてしまっておかあさんがパンプティングを作るというお話。チップとチョコのやり取りがとてもかわいくて微笑ましくなりました。

  • 図書館で借りて読み。

    いちごを食べてしまう二人がかわいい。

  • 犬の兄妹のチップとチョコ。
    お母さんがいちごジャムを作ってくれるので近くのスーパーへおつかいに。
    ところが、いちごは売り切れてしまっていた。
    スーパーの人に聞くと少し遠いけれど、農家に直接買いに行くことを薦められる。
    農家のおじさんに事情を話すとスーパーで買うよりもずっと安く売ってくれた。
    遠くまで来たので帰り道でお腹が空いてしまう妹のチョコ。
    いちごを1粒だけ食べる。
    少し歩くとまたお腹が空いたのでまた1粒。
    また歩くとまた1粒。
    今度はお兄ちゃんのチップも我慢出来なくなっていちごを食べてしまう。
    しかも今まで食べて来なかったのでお腹が空いていたし、いちごはおいしかったのでをどんどん食べてしまう。
    気が付けば残ったいちごは3粒。
    帰りの遅い2人を迎えに来たお母さんと出会い、泣き出してしまう。
    いちごジャムは無理だけれど、と帰ったお母さんはいちごのパンプティングを作らせてくれるのだった。

    2人で農家までおつかい。
    遠そうだ。
    スーパーの名前がミーナのスーパー。
    みんなのスーパーとかけてあるのかどうか。

    見返しにはいちごジャムのサンドウィッチの作り方といちごパンプティングの作り方が載っている。
    パンプティングってなんだろう…。

  • 我慢できなくていちごを食べてしまう様子がほほえましいです。

  • イラストもかわいいし、2人のやりとりが可愛くて癒されました。

  • チップとチョコは子犬のきょうだい。
    黒い耳のチップはお兄さんで白い耳のチョコが妹です。
    二人はお母さんに頼まれてお使いに出かけました。
    買うものは食パンと砂糖といちご。
    これで二人の大好きないちごジャムのサンドイッチを作ってくれるのです。
    でもお店ではいちごが売り切れ!
    いちご畑でおじさんにたくさん分けてもらいましたが、帰る途中でおなかがすいてパクパク・・・
    3粒しか残らなかったいちごを使ってお母さんが作ってくれたおやつは?

    いちごジャムのサンドイッチがいちご入りパンプディングに変身。
    お母さん、さすがです。
    見返しにレシピが紹介されています。

  • 食べ過ぎた、気持ちは分る。

  • (名前の雰囲気で)チップが妹だと思ってしまいましたが 妹はチョコでした。
    お母さんに頼まれてきょうだいでおつかいに出かけますがアクシデントが起こり・・・でも お母さんは怒りません。
    お母さんの発想が好き、こういうお母さんになれたらいいなぁ。

  • イチゴのパンプディング超魅力的!

全13件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
どい かや
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×