オラウーちゃんとまほうのやかた

著者 : 工藤ノリコ
  • 文溪堂 (2001年4月1日発売)
3.70
  • (9)
  • (4)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 69人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894232846

オラウーちゃんとまほうのやかたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう少し、工藤さんらしさがあれば良かったな。

  • 歌の上手な小鳥のぼうやのお姉ちゃんが、魔法の騎士にさらわれ、魔法の館に閉じ込められてしまう。
    近くで遊んでいたオラウーちゃんが鳥のぼうやを手伝うことに。
    オラウーちゃんはスコップで穴を開け、魔法の館の門の下から侵入。
    オラウーちゃんがいなくなったことに気付いたケロケロセブンも後を追う。
    歌わないお姉ちゃんが食べられそうになっているところを危機一髪で助ける。
    みんなに迎えられてお城に帰るけれど、オラウーちゃんの活躍は実はケロケロセブンの活躍や犠牲があってのものだとは誰も気づかないのだった。

    オラウーちゃん大活躍。
    ケロケロセブンは災難。

    スコップがトレードマークだったのか。

  • オランウータンのおうじさまが まほうのやかたに ことりの おねえちゃんを 助けにいくが…活躍したのは誰!?

  • 【絵本】オラウーちゃんとまほうのやかた オラウーちゃんと、おとものケロケロゼブンとのやりとりや細かい絵が楽しめる。[2001年・21cm・1冊・3人・8分・5才からとくにおすすめ・文章中・おしろ・カエル・たのしい](ク21)

  • 悪者をやっつける。が、真の勇者は?

  • オラウータンの王子様、オラウーちゃんが森でお散歩していると、泣いている小鳥に出会いました
    小鳥のお姉ちゃんが魔法の騎士にさらわれて、森はずれの魔法の館に連れて行かれてしまったのです
    勇気のある王子ウーちゃんはさっそく助けに出かけます

    ウーちゃん達を見かけた人にそれを聞いて、驚いたのは御付のカエル達
    「ケロケロセブン出動だ!」
    あわててウーちゃんを追いかけます

    無事に小鳥のお姉ちゃんを助け、みんな脱出できるでしょうか?

  • わがやお気に入りの工藤ノリコさんの作品です。
    これもそうなのですが、工藤ノリコさんは読み聞かせというより、
    各自でしっかり絵を見て楽しむほうが何倍も面白いと思います。
    今回のオラウーちゃんは特に、読む文章だけでは  
    ん?それで? っていう感じですが、
    じっくり絵をみて解説してあげると、  なるほど、すごい!
    なかなかの絵本でした。

  • オラウーちゃんの続編

全8件中 1 - 8件を表示

工藤ノリコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
工藤ノリコ・作/...
ヨシタケシンスケ
なかがわ ちひろ
酒井 駒子
A.トルストイ
工藤 ノリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

オラウーちゃんとまほうのやかたはこんな本です

ツイートする