ポンテとペッキとおおきなプリン

著者 :
  • 文溪堂
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894237933

作品紹介・あらすじ

ラズベリーのしげみにすむ、ふたごののねずみポンテとペッキ。あるひ、のはらにさんぽにでかけておおきなおおきなプリンをみつけますが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何とも子供っぽくて、ステキなお話。

    腹いっぱいプリン食べてみたいな〜。

  • プリンの誘惑に負けてしまったものの罪悪感にさいなまれる二匹の様子がほほえましいです。

  • 資料番号:020264370
    請求記号:E/ニシナ

  • こんな大きい 美味しプリンを食べたら 風邪なんて 吹き飛んじゃうね♪

  • ネズミの姉妹のポンテとペッキが道で大きなプリンを見つけた。
    誰かの落し物ではあるのだろうけれど、カマキリやリスの友達も来て少しずつ食べてしまう。
    どこかに隠そうと移動している最中に知り合いのおばさんの家の前を通り、そのプリンの持ち主がおばさんであったと分かる。
    病気のおじさんのところへ持って行く途中でどこかに置き忘れてしまったのだとか。
    少し食べてしまったことを正直に話して、あとから来たお母さんが持ってきたプリンも合わせて、たっぷりプリンを食べられる1日になったのだった。


    シリーズものなのか、人物関係の説明が少なくて理解しづかった。

    大きなプリンを置き忘れるって…とちょっと突っ込みたい。
    でも、バケツプリン食べてみたいな。

全5件中 1 - 5件を表示

仁科幸子の作品

ツイートする