S.I.C. HERO SAGA VOL..1 (ホビージャパンMOOK―S.I.C.オフィシャルディオラマストーリー (159))

  • 16人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • ホビージャパン (2005年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894253896

S.I.C. HERO SAGA VOL..1 (ホビージャパンMOOK―S.I.C.オフィシャルディオラマストーリー (159))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • S.I.Cのジオラマがメインで、それにストーリーがついています。

    ジオラマは販売中のS.I.Cそのままではなく、改造が施されていたり、場面によっては本書のオリジナルキャラのために新しく作成されています。
    S.I.Cの写真集として手に取るのであれば、個人的には文句なしの内容と思います。
    S.I.Cはアレンジされた仮面ライダーのフィギュアですが、本書中ではとりあえず自分のイメージが損なわれた造形はありませんでした。

    文章は原作を踏まえたうえでのオリジナルストーリーとなっています。
    小説仮面ライダーシリーズのようなライダーファンを逆なでする原作無視は含まれておらず、かつ原作で説明不足だったところを補う内容もあるので、一つの読み物として読むのもありです。
    2号以外の偽仮面ライダーを救えなかった理由、全身改造されていないライダーマンが4号となった理由や、アマゾンライダーが改造された時の話や2つのキングストーンを手にしてしまった創世王の話が書かれていて、大変興味深い内容です。
    特に設定だけの存在だったプレアマゾンや、小説版のJで登場したハニビーについて書かれているあたり、さすが本職と関心しました。

    ただし、基本的にはジオラマのムックであり、文章量が抑えられてしまったためか、急な展開と偽ライダーの多様が気になりました。
    本書ではアマゾン、クウガを除き、偽ライダー(偽ドラス含め)が何らかの形で登場します。
    そういう意味でおしい内容になっていますが、フィギュア好きというわけでなくてもライダーファンであれば、手にとってもいい内容と思います。

全1件中 1 - 1件を表示

石ノ森章太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

S.I.C. HERO SAGA VOL..1 (ホビージャパンMOOK―S.I.C.オフィシャルディオラマストーリー (159))はこんな本です

ツイートする