アニスと不機嫌な魔法使い (HJ文庫)

著者 :
制作 : 植田 亮 
  • ホビージャパン
3.25
  • (1)
  • (6)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894257344

作品紹介・あらすじ

孤児院育ちの少女アニスに、養子縁組の話が舞い込みます。「お養父さまは、きっと裕福で優しいおじいさまね」。そんな妄想を膨らませていた少女を待っていたのは、どっこい黒髪の少年にしか見えない、最強の魔導師だったのです-無愛想でエラそうな養父シドに、果たしてアニスは馴染めるのでしょうか。そしてアニスに、青い瞳が忍び寄ります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “「アニス、ここに来たばかりだから知らないんだろうけど。
    シドの前で年の話はしない方が良いわよ。逆鱗に触れちゃうから」
    「うう」
    口を塞がれ囁きかけられてアニスはうめいたが、その内容はビアンカの様子からしてかなり重要なことのようだった。
    「あのね、シドはね、年を取りたくて仕方がないの。でも、それは無理なことなのよ」
    「……?」

    「あの子、呪われてるの。不老の呪い」”

    アニス:想像力豊かな赤毛の少女
    シド・マスター:悪口豊富な老けない少年
    ビアンカ:実は魔女の金髪少女
    ジーク:竜好きの青年。あーっと、騎士、だったか?
    セイ・ノーマン:悪いの
    若干、最後が王道より。
    だけど、面白かった。
    とくには、アニスとシド。
    漫才みたいだ(なんか違うよ。
    うーん。

    “視界いっぱいに白いものが広がったかと思うと、シドは顔面に直撃を受けた。怒ったアニスが枕を振り回したのだ。
    シドは話をしながら後ろに倒れる、という希有な経験を積むことができた。床に頭を直撃させてしまった。敵の魔法使いが見たら、きっと拍手喝采しただろう。
    「………………」
    起きあがりながら臓腑をえぐるような悪口雑言を口にしようとしたシドだったが、枕を手にしたアニスが涙をたたえて自分を見下ろしているので口をつぐんだ。
    「出てって」
    「あのな」
    「出ていって!出ていって!出ていってったら出ていってったら出ていってーっ!」”

  •  妄想系おてんば少女アニスちゃんはかわいいです^^

全3件中 1 - 3件を表示

アニスと不機嫌な魔法使い (HJ文庫)のその他の作品

花房牧生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする