アニスと不機嫌な魔法使い4 (HJ文庫)

  • 35人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 花房牧生
制作 : 植田 亮 
  • ホビージャパン (2009年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894259188

作品紹介

ひきこもりを決意しかけていた(?)アニスは、ジークの苦渋の提案で、彼の実家へ遊びに行くことに。待ち受けていたのは、温かくも豪快な一家の出迎え。戸惑いつつも楽しむアニスとビアンカは、合流したマリエルと一緒に、地元のお祭りにも参加することに。ところがその夜-竜の花嫁アニスをめぐる、魔法と妄想のファンタジー第4弾。

アニスと不機嫌な魔法使い4 (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “『いいわ、今回は言うことをききましょう。ただい次も同じとは思わないで。竜の花嫁……あなたは所詮、神の道具なのですからね』

    さあ。名前を呼んで。
    その声に導かれるように、アニスは叫ぶ。

    「門を超えて来たれ<エルパージャ……闇色の母竜<マギストラ!」”

    アニスのキャラが結構好きだ。
    ドレスもかわゆす。
    変な生き物が今回は新しく出てこなくてちょっと残念。
    続き、出たらいいな。

    “「…………アニス様、我が輩は意地悪でもって覚えないフリをしているだけですから。別に記憶力に問題があるとかそういうことではございませんから」
    「あら、そうだったの。でもシドは意地悪だから、少々やり返したとしてもあんまり良心は痛まないわねぇ。いえ、もちろん嫌がらせをしてはいけないわ。そこは肝に銘じているんだけど、でもそれでもなお我慢できないのが……そうね、破滅への衝動っていうのかしら。ちょっとロマンチックな言い方よね。ほんとは落とし穴を掘って自分ではまるような真似なんだけど。最近分かってきたの」
    「大人です、アニス様」
    「シドが起きたらきっと『お前はあのとき何を喚んだんだこの大馬鹿野郎……』なんて怒り出すんだろうなあ。それを思うともう少し寝ていて欲しいくらいなんだけど、だめよね、そんなこと祈ってしまっては」
    「我が輩、永眠でも構わないかと思います」”

全1件中 1 - 1件を表示

アニスと不機嫌な魔法使い4 (HJ文庫)のその他の作品

花房牧生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アニスと不機嫌な魔法使い4 (HJ文庫)はこんな本です

ツイートする