ムッドレのくびかざり

制作 : ベロニカ・レオ  木村 由利子 
  • フェリシモ (2003年5月発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894323025

ムッドレのくびかざりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日読んだ『ひかりの国のタッシンダ』と同じフェリシモ復刊企画シリーズの一冊。
    まぁ、何といってもまず、本の青いカバーに浮かび上がる(描かれた)幻想的かつ愛らしいユニコーンと女の子の表紙絵に魅せられましたね(笑)

    ‘ひみつのお庭から始まる1960年代の北欧ファンタジー’と帯にあるように、ユニコーン(本書では“イッカクジュウ”と)や、北欧らしいトロル、海の魔女などが登場しますが、全体的に人好きのするキャラクターで、優しい雰囲気のお話になっています。

    ムッドレが仲良しの人形アステル・ピッピと、お母さんにもらったサンゴのくびかざりを探して冒険に出る、結果、一晩家をあけたことになるのでしたが、お父さんもお母さんも心配こそしたものの、怒ったりしません。
    彼らも(海魔女言うところの)‘夢のない人間たち’ではなさそう(=自由な人間)なのもいい雰囲気です。

全1件中 1 - 1件を表示

イルメリン・サンドマン=リリウスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ムッドレのくびかざりはこんな本です

ツイートする