ふたりでひとり―上方落語「胴切り」より (おはなしのたからばこ 22)

著者 :
制作 : 石井 聖岳 
  • フェリシモ出版
4.00
  • (5)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894325111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上方落語「胴切り」の絵本化。
    「赤ずきん」の衝撃が強かったのでそういうシリーズかと思ったけど、これはオリジナルに忠実なのかな。
    落語だからやっぱり声でききたいと思うけれど、これはこれで絵本ならではの楽しさがある。

    いきなり辻斬りされてまっぷたつの始まりから、中盤もオチもみんな「それでいいの!?」っていう話。
    仕方ねえなってのんきに全部受け入れる。懐が広い。

    絵がほのぼのしていて、でも色や形がしっかりしていて見やすい。
    これ好き。
    本全体の色バランスが和風。

  • ちょっとびっくりな展開 だけど さすが落語 面白い

  • オオグリとしょかん「おはなしかい?」第10夜
    よみきかせ(約10分)

  • うちの小学1年生の子供が落語絵本が大好きで、
    これもその一つ。
    結構内容がハードで、ウケます。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1960年三重県生まれ。1979年桂枝雀に入門。1995年四代目桂文我を襲名。現在、年間300回程の落語の高座をつとめる。全国各地で「桂文我独演会」「桂文我の会」を開催。また、子ども向きの落語会の「おやこ寄席」も開催している。落語を題材とした絵本に、『えんぎかつぎのだんなさん』(福音館書店)、『りゅうぐうじょうでさがしもの』(童心社)、『ふたりでひとり』(フェリシモ出版)、『しまめぐり』(ブロンズ新社)、『月きゅうでん』(小学館)、「桂文我のでっち絵本」シリーズなど多数。

「2019年 『いちはちじゅうのもぉくもく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桂文我の作品

ツイートする