• Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894341593

作品紹介・あらすじ

歴史はもとより、行政、経済、文学、ジャーナリズム、政治…各分野の第一線でいま活躍する50人の多彩な執筆陣が、今世紀最高の歴史書『地中海』の魅力を余すところなく浮き彫りにする。アカデミズムにとどまらず、各界の「現場」で21世紀を切り開くための知恵に満ちた『地中海』の全体像が見渡せる待望の一書。

著者プロフィール

1930年ニューヨーク生まれ。アメリカの社会学者。研究対象としていた現代アフリカの状況から、「低開発」の歴史的生成過程に関心をもち、従属理論に接近した。他方では、ブローデルを中心とするフランス・アナール学派の歴史認識、とくに「世界経済」の着想に啓発され、「一体化した現代世界」の歴史的形成過程を分析、歴史学や社会科学一般に絶大な影響を与えている。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の「経済・史的システム・文明研究のためのフェルナン・ブローデル・センター」長(1976-99年)、国際社会学会会長(1994-98年)などをつとめた。

「2013年 『近代世界システムIV』 で使われていた紹介文から引用しています。」

I.ウォーラーステインの作品

『地中海』を読むを本棚に登録しているひと

ツイートする