ハイデガーの政治的存在論 (ブルデュー・ライブラリー)

制作 : Pierre Bourdieu  桑田 礼彰 
  • 藤原書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894341616

作品紹介・あらすじ

まったく新しいハイデガー像。哲学は社会に超然たりうるだろうか。哲学と社会の関係の本質にラディカルに迫る。いっけん"社会的な政治"とは無縁に見えるハイデガーの「純粋哲学」の核心に、社会的な政治性を発見する「哲学の社会学」。哲学は、哲学的言説が社会的文脈に還元されることを何ゆえ断固拒むのか?「内在的読解」による、哲学の自己批判から、デリダ×ブルデュー論争の本質を明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【目次】

    読者の皆様へ

    序論 いかがわしい思想
     哲学の時代性と純粋性 政治的かつ哲学的に読むこと

    第1章 純粋哲学と時代精神
     両大戦間ドイツのイデオロギー的雰囲気
     家父長制/回心/山岳
     シュペングラーとトレルチ
     だが区内にヒロが来る反主知主義
     シュペングラーとハイデガー
     ユンガーとハイデガー
     ぼんやりした統一
     倫理 − 政治的な方向感覚
     保守的革命
     第三の道
     ハイデガー存在論の政治的基礎
     政治と哲学の境界線
     能動的ニヒリズムから受動的ニヒリズムへ

    第2章 哲学界と可能性空間
     哲学界における政治的立場表明
     哲学界の状況と新しい立場
     ハイデガーのハビトゥス
     知的世界のいごこちの悪さ
     ハイデガーの文体

    第3章 哲学における「保守的革命」
     政治・大学哲学を貫く理論路線
     徹底的な乗り越えの戦略
     歴史・時間の存在論化とその実践的表現
     超越論的なものの存在論化から否定的存在論へ

    第4章 検閲と作品制作
     形式と内容
     化粧だけの断絶と哲学体系
     暴論=隠蔽
     エリートと大衆
     社会からの距離
     倫理的主意主義

    第5章 内的な読解と形式の尊重
     形式的言説は形式的読解を求める
     哲学者の自己解釈
     作品と解釈者の相対的立場
     ハイデガーに共鳴する土壌

    第6章 自己解釈と体系の進化
     体系化の到達点としての「転回」
     進化の原理としての警戒
     本質的思考は本質的なことを思考しなかった


    原注
    訳者解説
    索引

    *****
     

  • 【目次】

    読者の皆様へ

    序論 いかがわしい思想
     哲学の時代性と純粋性 政治的かつ哲学的に読むこと

    第1章 純粋哲学と時代精神
     両大戦間ドイツのイデオロギー的雰囲気
     家父長制/回心/山岳
     シュペングラーとトレルチ
     だが区内にヒロが来る反主知主義
     シュペングラーとハイデガー
     ユンガーとハイデガー
     ぼんやりした統一
     倫理 − 政治的な方向感覚
     保守的革命
     第三の道
     ハイデガー存在論の政治的基礎
     政治と哲学の境界線
     能動的ニヒリズムから受動的ニヒリズムへ

    第2章 哲学界と可能性空間
     哲学界における政治的立場表明
     哲学界の状況と新しい立場
     ハイデガーのハビトゥス
     知的世界のいごこちの悪さ
     ハイデガーの文体

    第3章 哲学における「保守的革命」
     政治・大学哲学を貫く理論路線
     徹底的な乗り越えの戦略
     歴史・時間の存在論化とその実践的表現
     超越論的なものの存在論化から否定的存在論へ

    第4章 検閲と作品制作
     形式と内容
     化粧だけの断絶と哲学体系
     暴論=隠蔽
     エリートと大衆
     社会からの距離
     倫理的主意主義

    第5章 内的な読解と形式の尊重
     形式的言説は形式的読解を求める
     哲学者の自己解釈
     作品と解釈者の相対的立場
     ハイデガーに共鳴する土壌

    第6章 自己解釈と体系の進化
     体系化の到達点としての「転回」
     進化の原理としての警戒
     本質的思考は本質的なことを思考しなかった


    原注
    訳者解説
    索引

    *****
     

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(1930―2002)社会学者。アルジェ大学、社会科学高等研究院を経てコレージュ・ド・フランス教授。著書に『ディスタンクシオン』(藤原書店)など。

「2015年 『人民とはなにか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ピエール・ブルデューの作品

ツイートする