女と男の時空「日本女性史再考」〈7〉爛熟する女と男―近世(上) (藤原セレクション)

制作 : 福田光子 
  • 藤原書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894342064

作品紹介・あらすじ

徳川幕府のもと、太平の世が続いたいわゆる江戸時代。身分制度秩序のなかで、女性の顔が見えにくい時代ともいわれる。自然の理として男女の役割が引き受けられて「家」意識は一般化、女訓書による女性教化が進む。しかし一方、これまでの歴史から抜け落ちてきた関係存在としての女と男を、民衆宗教や芸能に、江戸女流文学に見ることで「爛熟する女と男」の近世を描き出す。

女と男の時空「日本女性史再考」〈7〉爛熟する女と男―近世(上) (藤原セレクション)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×