言語都市・ベルリン 1861‐1945

  • 藤原書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (479ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894345379

作品紹介・あらすじ

プロイセンからドイツ帝国、ワイマール共和国、そしてナチス・ドイツ…激動の近代史を通じて、「学都」として、「モダニズム」の淵源として、日本の知に圧倒的影響を及ぼした都市ベルリン。森鴎外、巌谷小波、寺田寅彦、山田耕筰、村山知義、阿部次郎、千田是也、和辻哲郎、山口青邨、岸田日出刀ら25人の体験と、この都市を象徴する50のスポット、在ベルリン日本人発行の雑誌から、日本人の「ベルリン」を立体的に描出する。

著者プロフィール

東京女子大学現代教養学部教授。専門は文化学・日本近代文学。
主な著書に『海の上の世界地図―欧州航路紀行史』(岩波書店、2016年)、『シベリア鉄道紀行史―アジアとヨーロッパを結ぶ旅』(筑摩選書、2013年、交通図書賞)、『資生堂という文化装置1872-1945』(岩波書店、2011年)などがある。

「2017年 『〈異郷〉としての日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田博文の作品

言語都市・ベルリン 1861‐1945を本棚に登録しているひと

ツイートする