気候と人間の歴史・入門 【中世から現代まで】

  • 藤原書店
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894346994

作品紹介・あらすじ

気候は人間の歴史に、どんな影響を与えてきたのか?アナール派の重鎮が明快に答える、画期的入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 気候の歴史学の概説書。著者ラデュリ「人間にとっての気候の歴史」全3巻を参照の必要あり。

  • 難しいことはさっぱりぱりですが、自分もやっぱりあーさすがフランスはワインの収穫時期でその年の暑さを判断するのかーって思いました(笑 あと、天候が悪くて穀物の収穫が悪い時は何か社会的な出来事が発生する、、、因果関係があるようなないような(フランス革命とか)そんな限りなくグレーな感じもいいですし、確かに食べ物ないとイライラするよなぁ(って言うレベルではないですけど) そしてむしろ本編三冊が読みたい(苦笑 でも、結局温暖化っていうのはよく分からなかったなぁ。

  • インタビュー形式と言うか、各章ごとに「質問」が提示され、それに著者が答えていく形で形成されています。非常に平易な言葉で、分かりやすい。
    現代と同じ観測記録が無い時代の気候変動について我々は何を知りうるのか、それは「科学」たりうるのか、という問題設定はスリリング(用法不適切?)。
    数百年前でも、ワイン用ブドウの収穫期に関する記録が、何月何日単位で正確に記録されているあたりはさすが、ヨーロッパですね。
    日本だったら、米の作付けでやるんでしょうか。
    凄く横道な話だが、ヨーロッパでも、ワインに加糖するとかいう話がある(った?)っているのは、初めて聞きました。なんとなく、ワインだけは、そういうことはしないイメージが。もっとも、それが元で暴動が起きるあたりは、プライドが違いますなあと。

    もうちょっと深く、と思うところがあるのは「入門版」だから仕方ない。
    ちゃんと理解しようと思ったら、全三冊の本版を買うしかないか。
    読売書評(21.12.6)

全3件中 1 - 3件を表示

稲垣文雄の作品

ツイートする