白い城

  • 154人登録
  • 3.84評価
    • (5)
    • (12)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
制作 : Orhan Pamuk  宮下 遼  宮下 志朗 
  • 藤原書店 (2009年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894347182

白い城の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学教授(歴史家)がゲッセの文書館で本書の元となる手稿を発見する。ここにはイタリア出身の男がトルコ人の奴隷となり、師と出会ったことが書かれている。
    「師」と「わたし」はそっくりの外見をしている。二人の自我は次第に入り混じり、境界は曖昧になり、ついに入れ替わることになる。
    二人の境界が混じり始めると少しだれた。が、ラストに向けてまたグッと読ませる。

  • 出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介
    17世紀のオスマン帝国を舞台に、東洋と西洋の間でせめぎ合う人間模様を描く。

  • 難しかった。よく飲み込めていないようだ。

  • オルハン・パムクの出世作と言われる歴史小説。これまでにパムクの長編は幾つか読んでいるが、その中で最も娯楽小説に近い仕上がりになっている。また、他の作品に比べると短い分、無駄なく纏まっているのも嬉しい。

  • きっかけ:ビジネスに効く最強の読書/出口治明/20140823(67/241)

  • オスマン帝国の奴隷となったヴェネツィア人の物語。男がもたらす西欧科学知識は、オスマン朝廷内に影響力を得ていく。奴隷の主は西洋科学を切り札にして出世するが、一方で西欧思想への疑問も募っていく。奴隷と主とがたまたま風貌がそっくりであったことから、物語は意外な方向へ...。娯楽面と文学要素と包含しているが、混ぜ具合に癖があり、味わい損ねた印象。

  • 邦訳は2009年だが、オルハン・パムクの出世作と言われる古い作品。

    主人公はヴェネチア生まれの人。17世紀のオスマン帝国で捕虜となる。このあたりの歴史を知らないので、物語に入っていきづらいのは否めないが、トルコ人の学者との奇妙な交流は、マジック・リアリズム的であり、面白い。

  • @daen0_0さん

    「2012年一番初めに読んだ本・漫画」はトルコ人ノーベル賞作家オルハン・パムク「白い城」です。洋の東西の知識人同士がぐだぐだの交流しつつ、お互いのアイデンティティが混ざり合う話。叙述トリックもあってちょっとだけエンタメ。

  • ヨーロッパとアジアにまたがる国、トルコらしさがあふれる作品。奴隷として買い取られた主人公と彼とそっくりの主人。彼らのせめぎあいと物語の最後の展開はとてもシンボリック。
    ここまで東西の葛藤を真っ正面から追求するのはやはりトルコが、西洋とイスラムの文化・信条が真っ正面からぶつかる国だから? 
    日本のように大陸の縁のどん詰まりの国では、異文化同士もうまいことまぜこせて折り合いをつけてしまうのに。

  • 17世紀、オスマン帝国に捕らえられ、奴隷となったヴェネツィア人の「わたし」が、自分とそっくりな「師」と呼ばれる学者に奴隷として買い取られ、奇妙な共同生活を始める。
    皇帝に献ずる様々な機械や兵器の発明と、物語の著述に打ち込む彼らは、一心同体の存在に。
    やがて「自分は何か?」という哲学的な疑問にぶち当たった二人は、自己の素性や罪を著述し、相手を理解し合いながら、互いの自我が入り乱れる。
    二人の葛藤や憧憬は、そのまま西洋と東洋の衝突でもある。
    そのせいかこの二人、仲がいいんだか?悪いんだか?w
    皇帝メフメト4世や、歴史に名高い「第二次ウィーン包囲の失敗」などの史実も織り込まれており、宰相だけでなく筆頭占星官の役割の大きさも描かれています。

    2006年度のノーベル文学賞受賞者、オルハン・パムクの名を決定的に高めた出世作。
    ただし作者の他の作品に較べると、トルコ人の文化や生活様式の描写が少ないです。

    ニン、トン♪

全18件中 1 - 10件を表示

オルハン・パムクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル・ガル...
遠藤 周作
ウンベルト エー...
J.L. ボルヘ...
オルハン・パムク
アゴタ クリスト...
オルハン・パムク
オルハン パムク
ウンベルト エー...
ウンベルト・エー...
川端 康成
有効な右矢印 無効な右矢印

白い城に関連する談話室の質問

白い城を本棚に登録しているひと

ツイートする