戦場のエロイカ・シンフォニー 〔私が体験した日米戦〕

  • 藤原書店
3.91
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894348158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドナルドキーン 「 戦場のエロイカシンフォニー 」

    太平洋戦争時代に 語学将校として 日本軍の資料の翻訳に従事していたキーン氏の対談集。キーン氏は 国家や戦争より 兵士や個人を見ている。文学や芸術が持つ理想論は 現実が不条理であるほど 必要性を感じる

    著者の戦争観
    *戦争は罪悪→戦争を賛美した文学や芸術は 欺瞞
    *戦争がもたらした個人間の憎しみを超える(もう忘れる)ときは来ている
    *文学や芸術は 個人間の憎しみを超える手段となりうる

  • エロイカ・シンフォニーとはベートーヴェンの交響曲「英雄」である。

  • 理性の人である
    ドナルド・キーン氏の語りは
    重要である

    たくさんの「知識」と「事実」
    だけで 戦争というものを
    理解することは難しい

    それらの上に
    確かな「理性」を掲げて
    戦争というものを
    見つめていきたい

    「過去」の話としてではなく
    「未来」にむけた話として
    読み込まれて欲しい一冊です

  • 戦争当時の日米間の温度差、戦中戦後にかけての日本の変わりようが興味深い。

  • 「民族」について、ドナルド・キーン氏はすでに陳腐化された言葉だと考え、聞き手の小池氏にはまだ実感を抱かせる存在である。文学の世界へと「逃避」しているキーン氏と、実在の人間を相手に戦い続けている小池氏の差。

全6件中 1 - 6件を表示

ドナルド・キーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三島 由紀夫
バルガス=リョサ
池井戸 潤
村上 春樹
伊藤 計劃
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする