葭の渚 〔石牟礼道子自伝〕

著者 :
  • 藤原書店
4.50
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894349407

作品紹介・あらすじ

自らの筆で描く自らの前半生の物語。
水俣水銀中毒事件をモチーフに『苦海浄土』という“世界文学”を書き上げた石牟礼道子とは何者か? 葭が茂り、その茎から貝たちがいっせいに海に飛び込むような美しい不知火海で生まれ育ち、今も不知火海の傍で生活する石牟礼道子。前史を含め、幼少期から戦争体験を経て、高度経済成長へと邁進する中で、『苦海浄土』を執筆。「近代とは何か」を、失われゆくものを見つめながら描き出す白眉の自伝。
『熊本日日新聞』大好評連載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いかならむ世に相見し君ならむ 花ふぶき昏【く】るる中かなしその眸【まみ】
     石牟礼道子

    〈歌との別れ〉は、彼女に必然的にやってきたという。水俣病が、近代の世界史的な問題であると気付き始めたころ、「君」と歌われた青年が自死を選んだ。青年は復員兵で、旧ソ連の収容所を転々とした、過酷な近代の犠牲者の1人であった。

    「苦海浄土」の著者石牟礼道子は、いかにして「石牟礼道子」になったのか―自伝「葭【よし】の渚」は、江戸幕府直轄の「天領」天草出身である父の、独特な話し言葉も織り込みながら、語られてゆく。

     祖父が「道楽」で、天草の海岸道路工事を請け負った時、長女として生まれたのが、彼女。「道子」という名前は、その道路の完成を予祝して付けられたという。
    その後も祖父と父は、道路、築港工事に「石屋」として関わったが、その港こそ、チッソ製品の積み出し港であったという。

     何という運命だろう。のち、水俣病患者支援のため、東京のチッソ本社を往来した彼女の「道」は、チッソ=近代という巨大な道に並走する、細い、しかし確かにある、獣【けもの】道だったのか。

     敗戦後に結婚し、生まれた男児の名前も「道生」。いつしか短歌を作り始め、そこで冒頭の青年とも出会ったが、彼女の思想は、短歌という器をはるかに超えていた。

     日常的に文字に親しむ高学歴層の発想に違和感をおぼえ、文字を読めない母ら、労働に明け暮れる生活者の発想と「合わせ鏡」にしなければ、近代をとらえることができない、と確信。その「道」を貫いた作家・詩人であり、敬慕してやまない。

    (2016年1月31日掲載)

  • 女史は近代以前にひとと自然が共生していたそのあり様を今に蘇らせてくれる巫女のような存在であります。いっぽうで、水俣病に対して文学をもって痛烈に警鐘を鳴らし続ける正義の人であります。ほんとうに素晴らしい人だと思います。

  • 超名作『苦海浄土』に至るまでの石牟礼道子の自伝。既読の著作に比べるとあの稀有な神話的世界は幾分鳴りを潜め説明じみてはいる。が、不知火の海の豊穣、自然の恵み、触れ合う人々との交流の中で、成るべくして詩人の魂が熟成し、『苦海浄土』を記さずにはならなかったその土壌を知るのは実に感慨深い。市井の人々の営む生活の尊さをどれほど大切にしてきたか、それ故にあの恐るべき水俣病の襲来にどれほど心を痛めたか、そして立ち向かい行く決心を一人の主婦がどれほどの思いを持って攫んだか。知れば知るほど敬わずにいられない。

  • 汽車のなかで出会った餓死寸前の戦災孤児を背負って家に連れて帰り、そして名もなき庶民の声を残すために水俣病患者を訪ね歩く石牟礼道子。

    石牟礼の母・はるのは、娘が突然連れきた戦災孤児にたいしても献身的に支えた。また、殺人を犯した少年の家族にたいして同情を寄せる場面もある。盲目の祖母を10歳の頃から支えてきた、母からの影響も大きさがうかがえる。

    貧しさや差別といった影の部分と、自然とともに生きる心優しき人びとという光の部分が交錯する前半。
    そして後半、水俣の神話的世界が公害や開発によって失われていくなかで、石牟礼が名もなき人びとの声を拾い集めるながい旅が始まる。

  • 「毎日新聞」(2014年2月16日付朝刊)で、
    池澤夏樹さんが紹介しています。
    【石牟礼道子は戦後日本文学の一等星、
    もっと広く読まれるべき作家である。
    本書は彼女の世界への格好の案内・入門書となっている。】
    (2014年2月17日)

  • 必読の書。。。

    藤原書店のPR
    「石牟礼道子はいかにして石牟礼道子になったか?

    無限の生命を生む美しい不知火海と心優しい人々に育まれた幼年期から、農村の崩壊と近代化を目の当たりにする中で、高群逸枝と出会い、水俣病を世界史的事件ととらえ『苦海浄土』を執筆するころまでの記憶をたどる。『熊本日日新聞』大好評連載、待望の単行本化。
    失われゆくものを見つめながら「近代とは何か」を描き出す白眉の自伝! 」

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

石牟礼 道子(いしむれ みちこ)
1927年3月11日-2018年2月10日)
熊本県、天草の宮野河内(現河浦町)で生まれる。母の実家は石工棟梁・回船業も営んでおり、父はそこで帳付けを勤めていた。祖父の事業が破産してから、小学二年の時に天草から水俣の北はずれに移住。優秀な学業成績から、三年制の実務学校(現水俣高校)に進学。ここで短歌を学んだ。卒業して教員養成所に入り、16歳で小学校の代用教員となって、詩と短歌を続ける。1947年に小学校を退職し、結婚。
その後若い労働組合員や詩人・谷川雁と知り合ってから、水俣病の患者の聞き書が始まる。1969年『苦海浄土』を刊行(熊日文学賞、大宅壮一ノンフィクション賞が与えられたが患者の苦患を語る本で賞を受けないと辞退)。水俣病の惨苦を世に広く伝えるだけでなく、「水俣病を告発する会」を渡辺京二さんらと結成して多くの患者とその運動に寄り添い、水俣病訴訟の勝訴に貢献。晩年はパーキンソン病を患って長編作を控えたが、旺盛な執筆意欲は衰えず、数々の作品を記していた。
1973年、マグサイサイ賞受賞。1993年、『十六夜橋』で紫式部文学賞受賞。2002年、朝日賞受賞。同年新作能「不知火」を発表。2003年、『はにかみの国―石牟礼道子全詩集』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
2004年から『石牟礼道子全集 不知火』を刊行、そこで『苦海浄土』の改稿と書き下ろしを加え、第二部・第三部を完結させる。池澤さんが個人編集した『世界文学全集』にも、日本人作家唯一の長編として収められた。

石牟礼道子の作品

ツイートする