ミステリを書く!

  • ビレッジセンター出版局
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894361188

作品紹介・あらすじ

ここには、作家の息遣いがある!今もっとも注目されるミステリ作家11人が、書く喜び、書く苦しみについて、じっくりと語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今月の8冊目。今年の81冊目。読むペースがなかなか上がらない。

    ミステリ作家のインタビュー集。読んでみて、まだまだ自分が知らない作家・読んだことのない本がたくさんあるので、これからどんどん読んでいこうと思った。あとがきで共通点を見つけ出すことは難しい、と書いてあったけど、共通点も結構あって面白かったと思うんだけどな。まぁ差異もたくさんあったけど。

  • インタビュー

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院修了。1987年に『十角館の殺人』で作家デビュー。「新本格ムーヴメント」の先駆けとなる。1992年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『暗黒館の殺人』『奇面館の殺人』など、「館シリーズ」と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった。ほかに『緋色の囁き』『霧越邸殺人事件』『眼球奇譚』『深泥丘奇談』『Another』などがある。2018年、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

「2021年 『十角館の殺人(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾辻行人の作品

ツイートする
×