旧暦ライフ温故知新

著者 :
  • ピエブックス
3.61
  • (6)
  • (10)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894443952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思ってたのと違かった。

  • 前半はコミックエッセイみたいな感じ。暦をちゃんと知りたいなら、後半の基礎知識のところなどを読むとよい。

  • 旧暦に親しもうと思い購入したものの
    エッセイに共感できなかった。

    イラストはかわいいのに残念・・・

  • 『東洋見聞録 医の巻』でもお馴染みの川口澄子さんのエッセイ集。『東洋見聞録 医の巻』よりも、内容はよりエッセイ的になっていますので、勉強のために読むというよりは、楽しみながらのんびりと旧暦に親しむといった感じで読んでみたらいかがでしょうか。版画のような絵と、思わずくすっと笑ってしまう内容で、文章同様に軽妙にページをめくることができます。

     東洋医学・鍼灸と暦はとてもつながりが深いものです。
     東洋医学・鍼灸医学には、天地人という思想があります。これは、天と地の影響を受けて万物は生じているという考え方で、万物の霊長である人間もまたこの天と地によって生かされている存在です。天と地の動きはまさに暦によって表現されています。そこで東洋医学・鍼灸医学を実践する者としては、この季節の巡りに影響を受ける身体の変化を捉えていかなくてはいけません。その助けとなるのが暦です。暦を参考にして身体を診ていきますと、その微妙な変化を察知することも可能となります。『黄帝内経・素問』の後半部に運気論というものがありますが、これは天の動きと身体の変化を詳細に観察してきた実証的歴史の積み重ねで、天気と身体は共に影響を受け合いながら変化をしていくことを示したものです。

     東洋医学・鍼灸医学を学び、実践する者としては、小寒、啓蟄、処暑など、二十四節気の名称と季節の移り変わりを頭の中に入れておく必要があります。本書では、二十四節気の名称の意味やその時期、風物詩などが挙げてあり、旧暦の季節感を伝えております。文章も軽妙で、イラストもノスタルジィなところもあり、とても親しみの沸く本です。勉強の合間の骨休め、患者様との会話のネタなどにも一冊置いておくと役立つと思われます。

  • どちらかというと、二十四節気で日々を感じている気がする。そうすると、月も星も植物も、とにかくすべてが偉大だなぁ、人間はそのいちばん下の僕にすぎないではないか、などと思われてくる。太陽暦の代わりに、ときどき開いてみる本。

  • 日本の暦ってきれいだ〜

  • 版画のようなイラストが味わい深い。<br>
    画と文を描いた川口さんの子どもの頃の暮らしぶりを垣間見ることできる。なんだか温かさが伝わる一冊。2006.5.28

  • たとえば生活に彩を添えるものというのは皆、お洒落の範疇に入るんではないでしょうか。月の満ち欠け農耕の時期読み等々合理的なんですけれど、センスを感じる。旧暦です。素敵です。

全9件中 1 - 9件を表示

川口澄子の作品

ツイートする