日本の図像―鳥獣虫魚

  • ピエ・ブックス (2008年8月8日発売)
4.12
  • (8)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894447080

作品紹介

独自の存在感をそなえる「動物画」が描かれはじめたのは、円山派の絵師が活躍する江戸期の京都。猿をはじめ、鹿、狗、猫、栗鼠などが繰り返しモチーフに取り上げられた。本書では江戸時代の動物画を中心に、多くの動物の図像を網羅し紹介する。

日本の図像―鳥獣虫魚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔の人が描いてた動物の可愛さともふもふっぷりは大変なものだ 可愛すぎる 表情も豊か。実に良いデフォルメをしている これはそろそろ日本画動物ブームが来るんじゃないか

  • 表紙の虎絵にヤラレました。

全4件中 1 - 4件を表示

ピエ・ブックスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ネイチャープロ編...
弓岡 勝美
リチャード・ドー...
高岡 一弥
デール カーネギ...
ピエ・ブックス
サン=テグジュペ...
ウィリアム・ゴー...
Nobuyosh...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の図像―鳥獣虫魚はこんな本です

ツイートする