徒歩で行く150億年の旅―歩こう。宇宙の塵がヒトになり種の大量絶滅に直面するまでの旅を

制作 : Elisabet Sahtouris  Brian Swimme  Sidney Liebes  大田 直子 
  • バベルプレス
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894490734

作品紹介・あらすじ

1歩進むと数百万年が過ぎる散歩を想像してみてほしい。そんな幻覚のような想像がきっかけで、世界各地を回って絶賛されている「時間散歩」展が生まれ、そこからこの画期的な本が誕生した。このぜいたくな本には、宇宙と地球上の生物のすばらしい歴史ドラマが描かれている。130点以上の美しいフルカラーの図版と、思わず引き込まれる語りが、地球の生命の物語における重大な進展とテーマを強調する。本書を通してオリジナルの展示そのものが流れる時間軸として再現され、進化のドラマの鍵を握る局面を特定し、それが長大な時間の流れのどこに当てはまるのかを正確に指摘する。また、非常に重要な最近の発見に関する知識が、本書の随所で得られる。微生物の豊かな創造力を探り、情報交換のための最初のワールドワイドウェブと表現されている共生のネットワークで相互に結ばれた微生物が送る、驚くほど都会的な生活について学ぶことができる。DNAの暗号を探究するうちに明らかになりつつある多くの謎-どういう経緯で宇宙が融合して銀河と惑星になったのか、顕微鏡でしか見えない動物が深海の熱水噴出孔や地球の奥深い内部のような高温の環境で生き延びることができたのかについても学ぶ。最も重要なこととして、もはや地球を不活発な岩石の塊とさまざまな生物の集まりと見なすことはできず、複雑に入り組んだ一つの包括的な生命システムで構成されていることを理解しなくてはならないことも学ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この書籍では、宇宙の歴史を簡素ですが書かれています。また、書名の「150億年」と書かれていますが、「150億年から46億年」までは、超簡素ですそして、地球史は九割方になっています。

  • 進化し続ける地球の進化の歴史
    息づく地球
    新たな生命観
    動乱期の創造プロセス
    地球最初の生物
    危機と革新
    都市型ライフスタイルと最初のワールドワイドウェブ
    酸素による危機と酸素による解決
    多生物細胞
    新しい真核生物の動的特性
    セックスと単細胞生物
    混合、整合、無機物の移動
    多生物細胞から多細胞生物へ
    ついに動物出現
    分化の道筋
    陸に上がる藻類と節足動物
    両生類、陸へ
    石炭紀大森林の出現と消滅
    爬虫類の時代
    昆虫と花への賛歌
    小惑星による哺乳類の進化
    不可解な逆転
    折衝プロセスとしての生物
    大きな脳の実験
    森を出て技術の時代へ
    私たちの内にある進化の歴史

  • 地球は生きている。そして沢山の生物が私たちの体内でも生きている。私たちはこの地球上の多くの生命によって生かされているんだと思い知らされます。異常気象や原発事故が起きている今、沢山の人に読んでほしい一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

エリザベット・サトゥリスの作品

徒歩で行く150億年の旅―歩こう。宇宙の塵がヒトになり種の大量絶滅に直面するまでの旅をを本棚に登録しているひと

ツイートする