よく「遊ぶ人」ほど成功できる あなたの夢を実現させる「脳」の使い方

著者 :
  • フォレスト出版
3.71
  • (10)
  • (12)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894511767

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルに惹かれ、Amazonにて購入。他の人のレビューも良かったんで期待してて、届いてすぐ読んだ。
    あんまり響くとこなく、ふぅん、て感じ。
    何かを学ぶ時、その道に長けてる異性に習うといいってあったのが、自分的にヒット(^_^)

  • トップどころの経営者や世間で成功者と呼ばれる方は、仕事も趣味も100%以上の力で楽しんでいる。それを脳科学から説明してますが、専門用語や専門知識を無駄に使わずにわかりやすく書いてあると思います。

  • 成功したいと望むなら「成功脳」を育てること。
    必要なのは、
    ①ベータエンドルフィン
    ②ネオテニー・・・子供らしさのようなもの
      好奇心、想像力、遊び好き、偏見のなさ、何でも試す、
      柔軟性、ユーモア、エネルギー、新しい考えを受け入れる、
      正直さ、学習欲、愛することへの欲求
     
    ちょっと考えて・・・
    ゴルフが成功脳をつくる
    ・上達への欲求がネオテニーを引き出す
    ・一人でプレイすることにより集中力が増し、脳を「快」の状態にできる
    ・高度な集中力の後にくる深いリラックスが脳を「快」の状態にする
    ・ゴルフの後、1から2週間の間は脳がリフレッシュされ、想像力が豊かになる
    ・成功者たちも脳をリセットするために多く実践している

  • 読んでいるとだんだん自分が成功できるような気持ちがどんどん湧いてくる。
    人生の目標に向けてのモチベーションが停滞気味なときなどに読み返すといいと思います。

  • なぜ遊んでいる人ほど成功者が多いのか?
    たしかに一流と呼ばれる人に、「遊ぶ人」が多い。
    とくに欧米では、成功者は週末は仕事を忘れて遊び、夏は長期ヴァカンスを楽しんでいる。
    本書は、こうした遊びが「成功する脳」を作り上げていることを科学的な根拠を挙げながら解説している。
    身体を動かして遊ぶことにより、脳内ホルモン物質であるベータエンドルフィンが分泌され、
    「欲しいもの、したいこと、なりたい自分」という欲望が生まれる。
    さらに、誰もが心の中に持っている「子どもの頃のおもちゃ箱」から
    引き出されたネオテニー(幼児性)を遊びに取り入れると成功はさらに加速していく。
    「成功脳」をつくるには何をすればいいのか。 その具体的実践法を著者の経験をもとに挙げる。
    -Amazonより-

    佐藤さんの本はいつもゆってることが単純明快でいい!
    ポイントはベータエンドルフィンとネオテニー。
    読んででワクワクしました。
    考え方次第で人生をうんと刺激的にもできるし、平凡にもなるし。
    人間の脳ってホントにすごいな☆

  • ベータエンドルフィン=ハイテンションへ
    ネオテニー=子どもらしさ、を取り戻す必要がある

  • 遊べば遊ぶほど 成功できる~♪

  • 遊ぶことによって脳を成功脳にする。

    そのことの具体的な方法が書かれている。

  • 成功してる人がいかによく遊んでいるか。
    それがどうして、成功に繋がっていくかを脳の反応から考察した本。

  • 楽しい、口癖、好きなこと。
    なりたい自分、ほしいこと、言う。体動かす。

全15件中 1 - 10件を表示

佐藤富雄の作品

ツイートする