世界一の「売る!」技術 世界No.1セールスマンが明かす「必ず買わせる」テクニック

  • フォレスト出版 (2005年2月19日発売)
3.67
  • (6)
  • (5)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894511880

世界一の「売る!」技術 世界No.1セールスマンが明かす「必ず買わせる」テクニックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (「客は当然買うもの」と思うべし?)……売ろうと思っている商品について、客が買うことを前提としたさりげない文句を考え、覚えておくことをお勧めする。お勧めしたいのは、「~と思いませんか」という言い方を頻繁に使うよう習慣づけることだ。「もし」……×、買わない前提をつくってしまう。「してください」⇒「しましょう」……顧客は自分一人で大きな決断をさせられているとは思わない。
    (一味違うクロージングとはどんな手法?)……想定的クロージング……客は当然買うと考えることによって行なう、想定的質問をしてクロージングするのだ。ひとつの大きな決断を、いくつかの小さな決断に変える。
    (顧客に後悔とキャンセルをさせないためには?)……「ありがとうござしました!」、「おめでとうございます!」、「あなたは本当に幸せ者……」、売り逃げしない、すぐに体験。

  • これから私は「必ず買わせる」クロージングテクニックを伝授する。 それは象牙の塔に閉じこもった誰かが考え出した高尚な理論ではなく、すべて経験に基づいている。(Amazon.co.jpより)

    営業職やセールス業界の方は、ジョー・ジラードという人物を聞いたことがあると思う。簡単に説明すると、彼は「世界No.1のセールスマン」としてギネスブックに認定されている。自動車メーカーのシボレー販売代理店からスタートして、1日最高18台・1ヶ月最高174台・1年最高1425台を販売した超プロフェッショナルなセールスマン。15年間で新車13,001台を販売し、その記録は今なお破られていないという。そんな伝説的セールスマンが著した内容なのだから、どんなセールス手法を行ってきたのか期待して読み始めてみる。

    合理的なアメリカならではの論調を意識した日本語訳がとても刺激的だった。読み進めるたびに、ジラード氏のセールスに対する自信の大きさが伺えた。業務知識を怠らず吸収し、周到な準備を行い、効果的なプレゼンテーションやセールストークで顧客を魅了し、絶好のタイミングでクロージングに持っていく。さすがにギネスブックに認定されたセールスマン。とことんサービスする精神がここまでの偉業を果たしたのだと感服した。

    しかしながら、特異的なアプローチ方法はひとつも発見できなかった。確かに大きな効力を持ったクロージングトークもあったが、そこだけをマネしてもトップセールスマンにはなれない。当たり前のことを当たり前に行い、誠意を持って顧客と向かい合い、末永いお付き合いを望んでいるジラード氏の姿勢が世界No.1なのだと思い知る。時には強く主導権を持って対応するスタイルを、御用聞き・業務的なセールスマンは見習ったほうがいい。我がボディケアサロンのサービスについても、いくつかアイデアをいただいた。近い将来、形にしていこうと思う。

    最後に、セールスマンとしての極意を突いた一文を残しておきたい。すべての業種に通じる素晴らしい格言だ。

    商品や会社を心から信じ、顧客の利益を最優先して行動すれば、顧客は自分を決断に導いてくれるセールスマンの力強さを快く思うはずだ。私の考えでは、それが「最高のプロのセールス」だ。(ジョー・ジラード)

  • 営業の心構えが学べます。
    この人の話術も大変参考になりますよ。

  • 日本の営業マンにとってはとても過激なことが書いてありますが、基本的にはとても納得できるないようだと思います。

  • ギネスブック公認の世界一のセールスマンであるジョー・ジラードの良本。営業関係の人はもちろんのこと、普通の人でもとても役に立ちますよ。買いです。

  • 世界一の「売る!」技術 世界No.1セールスマンが明かす  「必ず買わせる」テクニック

    ■ギネスブック「世界NO.1セールスマンに認定された」ジョー・ジラードが明かす
     必ず買わせるテクニックについて書かれています

    ■ここがポイント
    営業の役割とは商品やサービスを提案し「契約」を取ることです。
    顧客へのコンタクトや提案というのは事前準備等である程度補うことが出来ます。
    しかし、なんといっても難しいのがクロージング
    顧客のニーズを把握し、いい提案が出来たのに、何故かクロージング出来ない・・
    顧客からは「いい提案ありがとうございました。一度検討してからご返事致します」
    、「今回は予算の都合上、導入は先延ばしとなります。」
    誰しもこういった対応にクロージングを諦めてしまうのではないでしょうか。

    こういった顧客からの反論への対処

    買うを前提としたクロージングトークについて実践的な手法

    買う客と買わない客の見分け方等について書かれています

    又、セールスについての大切な考え方

    セールスとは顧客とのゲームのやり取りではない
    購入の後押しするアドバイザイザー、パートナーであること。

    セールスは売ってから始まる。契約後最高のサービスを提供することで
    生涯にわたって相互の利益を得ることが出来る。
    新規顧客開拓のためにどれだけの費用が掛かっているか、把握しておく必要がある。

    どれも当たり前のことですが、誰しも継続出来ないのがほとんどです。
    本を読んで再確認ってのも情けない話ですが、
    テクニックを含め、営業に携わっている方には是非読んで頂きたい
    セールス書です。


    ■ オススメ度 ■
      ★★★★☆

    ■  実践度  ■
      ★★★★☆

  • この本はすごいっ! 著者ジョー・ジラードはギネスに乗るほどのセールスの達人だ。彼は、40以上職を変え、車の営業で頭角を現した。彼は本書でお客に「即決」させる方法をあらゆる可能性から探って教えてくれる。心理的な側面、相手をよい気持ちにさせる、決断力があると思わせるなどなど。ただ、それはただたんにお客の背中を押すことであって、押し売りではない。その理由として著者は非常に当たり前のことだが商品知識を完全に把握しているのは最低限の礼儀だという。相手の時間も使っているわけだから。
    「契約が成立するという前提で話をすすめる」「最強の営業マンというセルフイメージを持つ」などなど、本当に学ぶことが多い!!2,3回読み直して確実にこの考え方を身に着ける必要があると思う!!

全7件中 1 - 7件を表示

ジョー・ジラードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
デイル ドーテン
ジョー・ジラード
ロバート キヨサ...
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一の「売る!」技術 世界No.1セールスマンが明かす「必ず買わせる」テクニックはこんな本です

ツイートする