「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

著者 :
  • フォレスト出版
3.70
  • (181)
  • (193)
  • (269)
  • (39)
  • (15)
本棚登録 : 1893
レビュー : 232
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894512443

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あなたの潜在意識が今のあなたを作っているんだということが書いてあり、やる気が長続きしないのは、潜在意識によって、心のブレーキがかかるからだと言っています。
    ダイエットやマリッジブルーも同じで、今までのあなたをあなたが維持しようとしているので、そうなっている。
    そして、それを突破するためには、最初の一歩こそが大事でそこを丁寧にやること。
    いつもより、ちょっとできた自分を褒めてあげることがその方法だという、潜在意識をいかに変えていくかということについてまとめてある本です。
    これから一歩踏み出すきっかけがある人にオススメです。

  • 何をするにも最初の行動が一番エネルギーを消費するというところに共感。ここを乗り越えても潜在意識の現状維持メカニズムが働き変わることへの邪魔をするということも言われてみれば損な経験があるかもしれない。しかし「やる気が続かない」のではなく潜在意識のせいだとわかっていれば対処できそう。無駄なネガティブなことを考えて潜在意識を疲れさせるのをやめ、今できることを考えて行動していくことが大切。
     言葉の力に関する本ではよい言葉を口に出すことでそれが現実になっていくという論調のものがあるが、現実とのギャップを感じて声に出しながらも疑うことがあった。本書の「目標を達成した自分がするような行動」を意識し、最初はそれを演じる、堂々とフェイクする、という部分は妙に腑に落ちた。

  • 潜在意識をうまく活用するための心理セラピー。他ではあまり聞いたことのない説明や、一見すると常識に反する手法が書かれている。
    以下、覚えておきたい点:
    ・潜在意識は現状を維持しようとする。(慣性の法則が心理面でも働くらしい。) だから、変化を起こそうと思ったらスタートはできるだけ丁寧にゆっくりやるべし。
    ・感情は放っておくと持続しない。定着させるには、その感情をすぐ行動に移すこと。
    ・質問を投げかけられると、潜在意識は答えが出るまで止まらない。だから、答えのない問題について悩み続けるのではなく、答えが出るような質問形式に変えて考える。
    ・Fake it until you make it! 目標を実現した自分にふさわしい行動を今やってみる。

  • 潜在意識のブレーキの外し方

    目次
    <blockquote>
    1 スタートは、できるだけ丁寧にゆっくりとやる。
    2 なぜ、感情やヤル気は長続きしないのか?
    3 あなたの中にいる“たくさんのあなた”に心を配る。
    4 迷ったときに役立つ“たったひとつの言葉”
    5 過去も未来も変える力
    6 実績や経験に頼らない。
    7 フェイク・イット!</blockquote>
    はい。自己啓発という言葉がぴったりのフォレスト出版さんの本です。
    いろいろとなんかまぁ、合成着色料ベタベタのお菓子みたいな感じです。

    個人的には、1のスタートは丁寧にゆっくりとというのだけ価値があったかなと。
    あとは、どこか精神論みたいな、言葉のいいようでできることなので、ちょっとね。

  • 現状維持のメカニズム。
    無理やりプラス思考にするのではなく
    理想を演じる、っていうのは
    他のでよく言われるようなものより
    わかりやすいような気がした。

  • 感情は時間がたつと消えてしまう。なぜか?
    感情とは何かに対して「感じさせられる」ことであり、受動的で、自分の意志の及ぶものではないからだ。
    だから、感情は、能動的である「行動」に移して始めて維持することが可能だ。
    何かに心を打たれたり、何かを感じたら、感じるだけで終わらせず、それを即何らかの行動に移すようにしよう。
    「ありがとう」の気持ちにプレゼントを贈ってみたり
    「懐かしいな、どうしてるかな」と思う友人がいたらとりあえず連絡を取ってみたり
    新しいことを始めるのは、いつでも最初の一歩が一番エネルギーを使う。
    だから、最初の一歩は慎重に、丁寧に、時間をかけてやればいい。たとえ1mmでも、昨日より前に進めたとしたら、それは物凄く大きな前進なんだ。
    自分の中には、たくさんの自分が存在している。夢を追いかける自分、堅実に生きようとする自分、経済担当の自分、健康管理を担当する自分・・・たくさんの自分が互いに手を取り合って、自分という一つの大きな存在がある。
    このシステムのおかげで、特定の自分だけが調子よく暴走するのを抑えたり、逆にある自分が落ち込んだときに自分全体が沈まないようにフォローしあったりしている。
    ただ一方で、たくさんの自分がいる故に、自分の中での葛藤も絶えなかったり、あるいは特定の自分が何か大きなチャレンジをしようとしたときに、他の自分が現状を維持しようとして引き摺り下ろそうとしたりすることもある。
    大切なのは、新しいチャレンジをするときに、自分を新しい環境に少しずつ慣らしていくこと。そして、特定の自分だけでなく、全体の自分に目を配って底上げを図ること。
    例えば、仕事で何か大きな挑戦をしたいのであれば、仕事ばかりに目を向けるのではなく、健康面に気を配ってタフになるように努力したり、新しい挑戦の中にも経験を生かせる部分を見つけて堅実な自分を安心させたり。
    最後に、一番心に残った言葉
    「Fake it until you make it」
    最初から成功した人はいない。最初から本物の自信をもった人はいない。
    でも、自信(が生み出す雰囲気)がないと、人やチャンスは寄ってこない。
    だから、最初ははったりの自信でいい。自分の目指す姿をイメージして、彼を演じればいい。フェイク。
    演じているうちに、自然とそれが本物の自信になっていく。そうなるまで頑張って演じてみる。
    色々な気付きを与えてくれた一冊。

  • いろんな自己啓発の本を読んでいて分かったことは、潜在意識を変えることの大切さ。
    いくら意識的に願望を口に出そうが紙に書こうが潜在意識が、それを受け付けなければ何も変わらない。そして潜在意識は現状維持が得意。無理に変えようとすれば、ものすごい抵抗にあう。
    潜在意識を変えようとワークを実践していて、それを実感。
    この本には、そんな潜在意識の特性である現状維持システムがかけるブレーキをスムーズに外せるための方法というかコツがわかりやすく書いてある。どれもこれもすぐにできるものばかりなので、さっそく実行している。
    潜在意識の特性を知ると、すぐに変わらないからといってイライラしたり落ち込んだりする必要はないし、1度変えれば現状維持をしてくれると思うと心強い。焦らずにすこしずつ潜在意識を変えていきたいと思う。

  • 潜在意識を使って目標達成の意識付けをするという本。
    当たり前の事を言っているようで、他書には見られない変わった切り口が多々見受けられる。
    -人脈は狭いほうがいい。
    -目標を数値化しない。
    etc.etc.
    すぐに読めて内容も難しくないので、するっと忘れてしまいがち。もう一回読んだ方が良いかな?
    欲を言えば、原理的な話以外にも、もう少し具体的な手段について語ってもらいたかった気がする。

  • 引き寄せなら、もっといい本ある〜!
    ネガティブな言葉だらけで
    逆にそっちに引き寄せられそうになる雰囲気。

  • 軽く読むには読みやすく、何か始めようとしている人にはとても良い本です。

    背中を押してくれます。

全232件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年、東京生まれ。パーソナルモチベーター。セラピスト。有限会社オーピーアソシエイツ 代表取締役。
45万部突破のベストセラーシリーズ『一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング』、『なぜ、占い師は
信用されるのか?』、26万部突破の『「心のブレーキ」の外し方』(以上フォレスト出版)のほか、『コミュニ
ケーションのための催眠誘導(光文社)、『ダメな自分を救う本』(祥伝社)など、十数冊の著書をもつ。
催眠療法やカウンセリングの施療経験をベースにした独自のセミナーを指導。人間関係、ビジネス、恋愛、
教育など、あらゆるコミュニケーションに活かすことができ、誰にでも簡単に実践できる潜在意識テクニック
を一般に公開。企業からの講演依頼も多数。「社員のモチベーションや営業力、コミュニケーション技術の
向上のための斬新なノウハウ」と高い評価を受けている。
主催するセミナーは、高額にもかかわらず常に半年先まで予約が埋まるほどの大盛況。CDプログラム
「ダイナマイトモチベーション 6ヶ月プログラム」も、異例の大ヒット教材となる。
日本テレ

「2007年 『引き寄せの法則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井裕之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
安河内 哲也
スティービー・ク...
ジェームズ アレ...
ジェームス・スキ...
デールカーネギ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~を本棚に登録しているひと

ツイートする
×