4時間半熟睡法

著者 :
  • フォレスト出版
3.23
  • (30)
  • (100)
  • (178)
  • (48)
  • (13)
本棚登録 : 1032
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894513549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分かりやすくデータも揃えて書かれているので良いかと。
    睡眠障害はないけど、睡眠に良くないことを色々やっていることに少々反省。

  • 睡眠時間を4時間半にするつもりはないですが、睡眠の質を高めたり仕事の効率を上げるヒント等が満載なので、何度も読み返しています。

  • 類書なら必ず「毎日同じリズム」であること、つまり毎日同じだけの時間寝るように書いているんだけど、これはいわば「週末に寝溜めしよう」という発想で、なかなか意表をついている。なるほどね~。
    最後の「快眠グッズ紹介」も面白い。今はiPhoneのアプリでもっと充実しているはず。調べねば。

  • 祖父、父と三代に渡り睡眠を研究する著者。睡眠のプロフェッショナル。

    よく、何時間寝ろとか、寝なくても大丈夫とか話を聞きますが、難しい文献や専門用語。読む気はなくなりますよね…。そんな一般人のためにわかりやすく書いた本です。

    まずは4時間半の睡眠がベストではない。これは最低限の睡眠時間。

    6時間半~7時間半が適正。

    レム睡眠
    夢を見る。浅い睡眠。心のメンテナンス。

    ノンレム睡眠
    夢を見ない。体、脳の休息。身体の成長。

    これらは90分のサイクルで回っている。

    著者のお薦め睡眠法は5日を4時間半、休みの日には7時間半、6時間の睡眠にする。

    体温が落ちると眠くなる。差が多いほど眠くなる。

    寝る前に食事。コルチゾールが働かない。コルチゾールは脂肪を分解してエネルギーに変える。

    体温を上げるには。
    3時間前食事を済ませる。
    2時間前運動を済ませる。
    1時間前入浴を済ませる。



    科学的なものなので信頼ができます。バリバリ働くために実践したいと思います。

  •  睡眠を科学的に分析し、心をリラックするレム睡眠と体や脳の休息、体の成長であるノンレム睡眠を考えると、日々のパフォーマンスを行う上でのギリギリの睡眠時間は、4時間半である。本書は、その4時間半で熟睡する方法と考え方、また快眠のための手段や方法も教えてくれる一冊である。
     睡眠は、レム・ノンレム睡眠で考えると、90分の倍数で寝るとスッキリ目覚めることができるし、効率の良い睡眠をとることができる。毎日「6時間」の睡眠を確保しさえすれば、眠気もなく、パフォーマンスが落ちない。無理なく睡眠を短縮できるのは6時間である。しかし、忙しい日常では、6時間の睡眠をとるのも難しい。
     そこで、この本の中で推奨されている短眠法は、ウィークデイは、4時間半、土曜(or日曜)は6時間、日曜(or土曜)は7時間半睡眠を取るという睡眠法である。この他、寝る3時間前には「食事」を済ませる。寝る2時間前には「運動」を済ませる。寝る1時間前に「入浴」を済ませること、効果的な仮眠は、15分が目安であること、仮眠の習慣を持つと、疲労感の回復や仕事の能率アップが期待できることなど、質の高い睡眠を取るための勉強になった。

  • 興味深い本です。
    夜勤の多い自分には、どうなのかな?って感じですが、非常に魅力的な内容になってます。
    内容については他の方が、詳しく書かれているので、そちらを参考にしてください。

  • 0〜6時のあいだに4時間半の睡眠をとるというもの。ただし、土日は6時間、6時間半寝だめをして調整することが必要。最近常に眠くて頭が働いていないので実践してみたい!

  • 睡眠は4時間半でOK。
    0時から6時までの「コアタイム」を意識して規則正しく睡眠をとる。

    ウィークデー(月~金)は「4時間半」
    土日のどちらか一日は「7時間半」の睡眠をとって体を回復させる。
    土日のどちらか一日パフォーマンスに支障がない「6時間」の睡眠にする。

    起きる時間を固定にし、寝る時間を早くする。

    睡眠の質を高める。
    寝る3時間前までに食事をとる
    2時間前後に軽いストレッチ、ヨガ、ウォーキング、運動をする
    1時間前までに入浴する

    体温が下がると人は眠くなる。
    寝る前に体温をあげ、寝ている間に体温を下げるようにする。
    夏の室温は27~29℃ 湿気のない状態にする。


    仮眠は15分まで。

    10時までにメラトニンの吸収のために朝日を浴びる.
    朝御飯を食べる。

  • 研究結果を紹介しながら説明しているので、なんだか納得させられてしまう。
    90分の倍数で寝ると良いというのはよく聞く話だったけど、体温の話は初めて聞いた。
    平日は4時間半睡眠を実践したい。

  • 著者は祖父・父と三代80年間睡眠の研究をしている世界一の睡眠の専門医。本書の主なテーマは「睡眠時間はどこまで削れるのか」「出来るだけ短い時間で、深く眠るにはどうしたらよいのか」「仕事・勉強などで最高のパフォーマンスを発揮できる短眠熟睡方」である。

    (本書に記載されている実証済みの結論)
    ・睡眠時間はレム・ノンレムサイクルの90分の倍数でとる。6時間が理想。
    ・4時間半熟睡法 ウイークデー 4.5h*5日。土日は片方が7.5h、片方が6h
    ・睡眠のコアタイムはam0~6時。この間に眠る。
    ・体温が下がると眠くなる。>寝る前に体温を上げる。
    ・寝る前に体温を上げる>食事・お酒3h前、軽い運動2h前、入浴1h前まで。
    ・成長ホルモンは寝付いてから3h大量分泌され睡眠の後半は出ない。
    ・ホルモン分泌は体内時計が管理。体内時計は25hだが朝日を浴びた瞬間に24hに修正される(~am10までに浴びる)
    HP> http://www.sleepmedicine-tokyo.com/
    twitter> https://twitter.com/takuroendo

全180件中 31 - 40件を表示

4時間半熟睡法のその他の作品

4時間半熟睡法 Kindle版 4時間半熟睡法 遠藤拓郎

遠藤拓郎の作品

ツイートする