4時間半熟睡法

著者 :
  • フォレスト出版
3.23
  • (30)
  • (100)
  • (179)
  • (48)
  • (13)
本棚登録 : 1042
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894513549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 要点をまとめると、
    ・1日3時間睡眠は、視覚関連の仕事に支障がでるから、やってはいけない
    ・ウィークデー(月~金)の5日間は、「4時間半」の睡眠で乗り切る。
    ・土曜、日曜のどちらかで「7時間半」の睡眠をとって、体を回復させる。
    ・土曜、日曜のどちらかはパフォーマンスに支障がない「6時間」の睡眠にする。
    ・午前5時30分から午前8時30分の間に起床するのがベスト
    ・朝日はメラトニンが分泌されている午前10時までに浴びる!
    ・できるだけ睡眠の開始時間を0時からずらさないこと、起床時間を6時からずらさないことがポイント
    ・エアコンはつけたまま寝ても構わない
     布団内の温度は、体温より少し低めの33℃位に保てばよい
     夏の間は、室内の温度をだいたい27℃から29℃くらいに設定するのがベスト

    ・睡眠の質を向上させるアミノ酸として「グリシン」が注目されている
    ・浅い睡眠時に起こしてくれる「スリープトラッカー」という目覚まし腕時計がある
     →本には記載されていないことですが、オムロンからねむり時間計というものが発売されているらしいです。
       腕時計が嫌なら、こちらのほうがいいかも。価格からしても。性能は、どちらが良いかは不明ですけど

    本書を読んで、、
    睡眠時間削る必要がないなら、6時間が妥当で、削りたいなら、平日4時間半まで削れるかもよ、個人差あるけどね。。といったかんじでしょうか。
    あとは、エアコンつけっぱなしが結構、この夏、いいかんじでした。27℃から29℃に保つことがポイントなんでしょうね。

  • 根拠に基づいて、どうすべきかを簡潔で具体的に書いてある。あっさり読み終わったので、あとは即実践したいと思う。(元々4時間半くらいしか寝れていないので、本書の内容に基づいて質を上げたい。)

  • この本で提唱する方法で最も説得力を感じたのは、「毎日4.5時間睡眠にするわけではない」ということだ。筆者は、
    ・ウィークデーは4.5時間睡眠にする
    ・休日は、足りない睡眠を補うために、6時間x1と7.5時間x1の「休養日」を作る
    ・睡眠のコアタイムは0時〜6時で、この間に4.5時間の睡眠をとることが望ましい
    というプランを紹介している。

    私も今週から実践し、結果が出たらここにまた記録したいと思う。

  • 4時間半で熟睡するためには??

  • Q.4時間半は少ないので科学的根拠に基づいた睡眠方法と基礎知識を知りたい。そしてこれからの睡眠習慣に良いモノを取り入れ、自分の人生に役立てたい


    ☆身体が怠くなるのは体内時計(夜になると眠くなり、朝になると起きるリズム)がリセットされていないから
    →朝10時まで太陽の光を浴びる事


    ☆睡眠のコアタイムは0時〜6時の間の90分周期かつ決まった時間に寝て、決まった時間で起きる事
    →スッポリ当てはめる事が重要

    ☆体温調節を意識
    体温の落差が大きいと眠気が現れやすくなる
    →寝る前に体温を一時的に上げさせるような事をし、時間経つ頃に放熱が行われて体温が下がる

  • 「睡眠を削って自由な時間を作り出す」ための睡眠のノウハウが解説されています。

    具体例も豊富で実際に試してみようと思いました。


    結論としては

    ◆月~金は4時間30分の睡眠。
    土日で「7時間30分」と「6時間」(順番はどちらが先でもOK)の睡眠をする。

    という内容でした。
    さらに睡眠の「時間」のみならず、「質」を向上させるためのテクニックの解説も豊富。


    ちなみに上記の睡眠法と1日8時間睡眠を繰り返した場合を比較すると
    ⇒「1年で約50日」
    「50年で約2500日(睡眠時間を入れた場合約10年)」
    人生が長くなるんだそうです!!

    睡眠時間を削りたい!効率よく睡眠をとりたい!という方は一読の価値あり。

  • 非常に科学的に書かれている。

    レム睡眠とノンレム睡眠の関係で、1.5時間の倍数の睡眠時間がよいことは知っていたが、もっと深く、眠るときの温度などについても解説されている。

  • 12時前に寝て、4時間半or6時間睡眠にする。(成長ホルモン、コルチゾール)
    9時から10時にご飯。寝る1時間前にお風呂。
    お酒は3時間前。
    サプリメントはグリシン、カプシエイト

    4時間半 週末7時間半
    急激に温度が下がると人は眠くなる。手足で血液を冷やして、体の温度を下げる。
    成長ホルモン 寝入り3時間
    コルチゾール 脂肪をエネルギーに変える。夜中の3時ぐらいから。寝る前に食べるとこの機能がうまく働かなくなるため。5半~8半に起きるのがベスト。
    メラトニン 眠くなる効果。
    アルコールが体温を下げるから。
    12時から6時までがコアタイム
    手足33° ジメジメしていると汗の気化熱がうまく作用できない。
    暖かい飲み物を飲むと体温を下げようとする。
    15分睡眠
    グリシン 体温を下げる
    カプシエイト 唐辛子 ダイエットにも効果あり。

  • より生活を充実させるために短時間睡眠にチャレンジするが、なかなか継続的に実践できないもの。
    医科学的な根拠に基づいて、4時間半睡眠の推奨と実践ノウハウを専門的になりすぎずわかりやすく紹介。実践に際し根性論ではなく、少しゆるめな方法論がとられておりこれなら継続し習慣化できそうな気にさせる。

  • まぁやってみてだな

全180件中 51 - 60件を表示

4時間半熟睡法のその他の作品

4時間半熟睡法 Kindle版 4時間半熟睡法 遠藤拓郎

遠藤拓郎の作品

ツイートする