4時間半熟睡法

著者 :
  • フォレスト出版
3.23
  • (30)
  • (100)
  • (179)
  • (48)
  • (13)
本棚登録 : 1042
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894513549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかく眠りが浅い上に、
    8時間ぐらい寝ないと足りない自分を改善するために
    買ってみた。
    値段の割には、実践テクニックが少ないのが気になったけど
    効果はありそう。
    効果が上がったら評価★UPします

  • 3時間熟睡法に続いての読みました。適正は、6時間~7時間半が良いと知りつつ・・レムノンレムを意識して、行こうね!

  • しばらく継続してみたが、正直4時間半睡眠はかなりきつい。ただ紹介してある事例は科学的で簡易なものばかりなので、実践する価値ありと思う。

  • 睡眠についての知識をわかりやすくまとめられていて、読みやすかった。
    王道な知識だけど、やっぱ基本はそこなんだろうなと思った。

  • 良いか悪いかは別として、成功している人の多くは、寝る間も惜しんで必死にやりたいことを達成して来たというのは事実だと思います。

    まず、彼らは一般Peopleとは使命感と気合いが違いますので、中々同じようにマネは出来ませんが、効果的な睡眠によって活動時間を伸ばすことは誰でも可能です。
    この本の主旨は、まさにその効果的な睡眠を取る方法です。

    詳しくは書評ブログで!
    http://ameblo.jp/nori-shohyo/entry-10597143925.html

  • 一日睡眠が4時間半!!?

    学生時代は睡眠なんてもったいない!
    と無茶ばかりしていましたが最近は寝過ぎかもと自覚していました。

    もしもですが、4時間半の睡眠で健康で元気に過ごせるならと
    思ってこちらも中古で購入

    けど寝るのは気持ちいいからついつい睡眠が長くなっていまいがちになります…

  • 3/15:図書館の予約から8ヶ月くらい待ったのだけど、読んでみて超がっかりです。本にするまでもないような内容で、1時間もかからず読んでしまった。要点は以下。
    ・90分の倍数で寝ろ
    ・月金は4.5時間、土日どちらかで6時間寝て取り返せ
    ・寝る前に温めて、寝る直前と寝てる間に少し体温を下げろ
    ・10時までに起きて朝日を浴び、体内時計をリセットしろ
    ・日中眠くなったら15分寝ろ。何回でもOK
    テレビの快眠特集とかで取り上げられるような内容だよね...

  • 著者はスリープクリニック院長。以前に“3時間熟睡法”という類の本を読んで、どうも頷けなかったけれど、この本はいいかも。「睡眠時間はどこまで削れるのか」、「できるだけ短い時間で、深く眠るにはどうしたらいいのか」、「仕事、勉強などで最高のパフォーマンスが発揮できる短眠熟睡法」、興味があれば、是非。ちなみに、本の最後は快眠グッズ特集。

  • 睡眠に関する本。2009年。睡眠を研究していてクリニック院長を務める著者が書いたもの。90分サイクルが睡眠の基本とは良く知られているが、3時間では睡眠が不足しているという研究結果が示されている。タイトルの4時間半とは、たとえば、ビジネスパーソンが平日に4時間半の睡眠で生活をし、週末に7時間半、もしくは、6時間などの睡眠をすればよい、というもの。ここでも90分サイクルは基本となる。週末にある程度睡眠時間を取れれば、平日の少し不足しているような状態もすぐに回復できるらしい。人間の体はよくできている。
    ほかに記載されているのは、太陽光による体内時計の調整やセロトニン、体温、朝食の話などなど。睡眠グッズについてもふれている。30分くらいで読める内容なので、ちらりと参考にするにはもってこいの一冊。

  • 眠るにもノウハウがあるんだということを再認識。50歳過ぎると時間は貴重。何とか実践して人生の充実につなげたい!
    ・睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がある。1セットが90分周期なので、90分の倍数で寝るとスッキリ目覚めることができる。
    ・眠り方のパターン
     ・ウィークデーの5日間は4時間半の睡眠で乗り切る
     ・土日のどちらかで7時間半の睡眠をとって体を回復させる
     ・土日のどちらかはパフォーマンスに支障がない6時間睡眠にする
    ・グリコーゲンを代謝してエネルギーに替えるコルチゾールの分泌を考えると午前5時半から8時半の3時間が起床のゴールデンタイム。
    ・飲酒して寝つきがよくなるのはアルコールが体温を下げるから。しかし、飲酒後3時間するとアルコールはアルデヒドという毒に変わり、交感神経を刺激して体温や心拍数を上げる。
    ・この時間に寝ているのが効果的という睡眠のコアタイル(午前0時から午前6時)を意識して、規則正しい睡眠を組み立てよう!
    ・睡眠の質を向上させるアミノ酸として「グリシン」が注目されている。(味の素「グリナ」)
    ・「カプシエイト」は快眠とダイエットに効果がある!(味の素「カプシエイト ナチュラ」)

全180件中 81 - 90件を表示

4時間半熟睡法のその他の作品

4時間半熟睡法 Kindle版 4時間半熟睡法 遠藤拓郎

遠藤拓郎の作品

ツイートする