12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~

著者 :
  • フォレスト出版
3.86
  • (30)
  • (57)
  • (32)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 548
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894513853

作品紹介・あらすじ

「会計テトリス」と「小学生の算数」で数字嫌いのビジネスマンでも簡単に読める。『売掛金』『貸倒引当金』『準備金』など多くの会計特有の言葉の知識を使わずに会計の仕組みを理解できる会計入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 会計書類の読み方が分かりやすく説明されていて、実際の企業のデータをもとに比較しどちらが良好か、などの見方もわかる。。。が、素人には中々会計は複雑ということが改めて分かった

  • 素人でも何となく意味がわかる。理解するにはちょっと勉強がひつようですが。
    決算書の細かい数字でなく、概要を掴むには最適。

  • 簿記とる前に読んでおきたかった一冊。P/LとB/Sの見るべきところがさらっとわかる。入門書なのでそれ以上のことはないけど。IFRSの話もあるが、おまけ程度。

  • 実に簡単で読みやすい。
    入門書としては、良書では?

    何度読んだり、他の入門書でも平行して勉強する努力は必要な気がします

  • 昔、間違えてAmazonでクリックしてしまった本で放置していたのだが、読んでみたら意外と良かった。素人向けとしてわかりやすい。少なくとも減価償却の意味がきちんとわかったのは個人的に良かった。

  • 何回も繰り返して読むとあぁ、そゆことか!と閃くはず。テトリスや、人の顔にたとえてたりとしているがそれが実際理解の役に立つかはわからない。
    筆者は計算は要らないといっているが、実際の貸借で考えた場合に計算をしないことには区分けをしても実際の%がわからないため、計算は実質必要。
    初心者が何回も読んで概略を得るには良本だと思うが、簿記をやる人等細かな内容が必要な人にとっては少し物足りない。

  • 岩谷さんの本を2冊続けて読んだが、とても分かりやすかった。
    苦手な会計本で各々の用語の意味と使い方を理解するにはまだまだだが、勉強を続けていくきっかけとはなるので、これからも頑張っていきたい。

  •  B/S、P/L、C/Sの読み解き方を初心者向けに書いた本である。確かに分かりやすいが、12歳ではどうだろうか。
     最初は12歳でもわかるが、次第に専門書っぽい内容になってくる、それでも、図や表を多用し、文字も色をつけたり太くするなど、工夫している。
     なによりも、実際の会社の決算書の解説をしているのがいい。セイコーとシチズンなど同業他社の決算比較をし解説しているところが本書では一番有用ではないだろうか。

  • 決算書の概観を読めるようにするための本。簿記の知識は少しあったため言葉で躓く事は無かった。知識がなくても仕事をするなかで耳にする言葉が多いのでそれ程問題ない気がする。

  • あっという間に読める、決算の見方、捉え方。普段、決算書に関係のある方もない方も参考になること間違いなし!

全41件中 1 - 10件を表示

岩谷誠治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~を本棚に登録しているひと

ツイートする
×