「欠けた心」の磨き方

著者 :
  • フォレスト出版
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894514898

作品紹介・あらすじ

子どもを変えるには、親が変わるしかない。親が変わるには、その親が変わるしかない。家庭内暴力、登校拒否、不良から優等生まで、子どもたちは「欠けた心」を抱えている。いま現れた問題は、脈々と続く家族の問題を断ち切るチャンスなのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 題名から、なんとなく惹かれるものがあったので、手にしてみました。

    作者は塾を営む方で、
    塾の生徒を、周囲が無理と言う志望校へ、どの生徒も合格させている実績のある方です。

    読んで感じた事は、
    とても良かった!ただ、その一言につきます。

    作者の実体験を通し、語られる文面から、心と感情が伝わってきます。

    作者の悲しみが伝わり、泣きながら読みました。深く感動しました。

  • 人は幼い時、親から愛されることに自分の存在の全てが掛かっていると言える。そのためなら自分をどんな風にも変化させていく。親がどんなに立派でも完璧に間違いのない子育てなどできるはずがない、だからこそ子どもは親に「自分は愛されていないんじゃないじゃないか」「このままじゃ捨てられるんじゃないか」と本来はまんまるのはずの自分がどこか欠けてしまっているんじゃないという錯覚に陥る。そんな時子どもは「どうすれば愛されるんだろう?」とさまざまな試行錯誤をする。それは暴れてみる、拗ねてみる、泣いてみるなどいろんな手段を試して、その中で親の注意を引けたものを自分のキャラクターとして取り入れていく。
    それはコブのように自分に欠けた部分に張り付いてしまう。しかしそれは錯覚なのである。なぜなら本来自分はまんまるだから、それを自分は欠けてしまっていると錯覚してそこを埋めようとしたが為に作ってしまったコブなのだ。そしてそれを自分のキャラクターとして大人になっても引きずっている。もうそんな必要はないのに自分の作ったコブに執着してしまう。何か不安になると、暴れてみたり、拗ねてみたり、泣いてみたり。そのうち自分でもなぜこんな行動をしているのか分からないほどになる。
    著者はそんな人たちにまずは自分の欠けたと勘違いしてしまった部分に気づくことが大切だと言っている。その部分に気付いて、本当にそうなのか検証し、違うならそれを改めることで新しい自分が見えてくると。
    そんな成長過程でだれしもがもっているトラウマやクセのようなものをまんまるな自分とコブにという例えで表現し、著者自身の体験をありありと書いていたので、さらにその例えがリアルなものとして認識でき、すぐに自分にも当てはめることができた。

全2件中 1 - 2件を表示

安藤大作の作品

ツイートする