稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方

  • フォレスト出版
3.56
  • (2)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894515741

作品紹介・あらすじ

「缶チューハイの飲み方」一つであなたの人生が変わる!ヒット番組を手がけた売れっ子放送作家で、トップ企業から引っ張りだことのPRコンサルタントだから書けた自分を上手に売り込む技術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の専門性を追求して、その道で上位に入るべく、目標の真似をすることで、結果はついてくるというなんか納得させられる内容。読み応えあった!

  • いわゆる、自己ブランディング的なことについて主にかかれている。共感できる部分が多く参考になりました!

  • 放送作家の卵である僕はこの本に書いてあることをまずは実行してみようと思った。


    さっそくブログをやらなければ...

  •  著者である、野呂エイシロウ氏のことを僕は、この本を手に取るまで知らなかった。氏は放送作家として「元気が出るテレビ」や「ズームインSuper」「アンビリバボー」など、40を超える番組に携わる他、映画やCMを手がけ、さらには企業コンサルタントとして電通やグルーポンジャパン、味の素などをクライアントに持つ。

     なぜ著者はここまで幅広い活躍ができるまでになったのか。その秘密を氏は「自分を相手にどう見せ、自分を売り出すか」を明確にすることだと明かす。

     著者のプロフィールや「稼ぎが10倍になる」というタイトルからは、ややもすると「大量の仕事をいかに捌くか」という内容を想像してしまうが、この本の主題は「自分を上手に見せる」ことでいかに相手に信頼してもらい、仕事の幅を広げるかというもの。いわゆる「自己ブランディング」の中でも、アウトプットに特化した内容と言える。

     FaceBookで記事を書いていても、例えば自分の仕事のことをネタにするのはなかなか難しい。だから、食べたモノの話とか、飲み過ぎて酔っぱらった醜態を晒すとか(涙)、「◯◯に遊びにいきました」というような写真を並べてしまう。しかし、著者はそうした意味の無い自己開示を一刀両断し、自分をうまく見せるためには何を書き、どうすべきか言及する。

     実は氏は駆け出しの頃、同じような恵まれない環境に居る若手の放送作家たちから一歩抜きん出るために、借金をして10年落ちのベンツを買い、テレビ局の目立つ場所にいつも止めていたという。本来なら自分がやりたいと思うことを「実際に実現してしまっていたとしたら」どういう行動を取るか、ということを明確にし、それを先に人に見せてしまう、というのが、この本の根幹にある考え方だ。

     そこまで極端な例でなくても、「お役立ち」ネタでブログを書く、仕事に絡むプロフィール写真を使うというようなSNSの上手な活用による「見せ方のコツ」の他、お礼メールは全員をCCに入れて誰よりも早く出すといった、実ビジネスにおいて「頭一つ出るための」アドバイスも豊富。

     一部、自分の活動や成果をより良く見せるために「盛って」書く演出テクニックも紹介されており賛否両論あるだろうが、プロフィールを上手に構築するヒントが盛りだくさんな本書は、SNSの活用法としてだけではなく、自己の持てる価値を再検討する上でも大変参考になるだろう。

  • 三年後を見据えて、耕されていない畑を探しに行き、自分のおかれた状況を把握し、自分を求めている人がどこにいるか調査、行動計画立てて振る舞う。

    ちょっと道が見えるかな。こつこつと。やってみることを考えよう。

  • 企業向けPRコンサルタントである著者が個人向けにPR、ブランディングについて書いた本。
    まずは「有名になったもん勝ち」。有名になりつつある私には非常に参考になった。早く10倍稼ぎたいよ・・・

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

放送作家・戦略的PRコンサルタント。1967年愛知県生まれ。愛知工業大学卒業。大学時代には学生マーケターとして、学生向け家電の企画立案・宣伝・PRに携わる。その後、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家デビュー。『ザ! 鉄腕!DASH!!』『特命リサーチ200X』『奇跡体験!アンビリバボー』などの構成を担当。30歳のとき、戦略的PRコンサルタントとしての活動もスタート。放送作家として培ったノウハウを活かし、数々の企業の商品・サービスを次々とヒットに導く。クライアントはSoftbank、ライフネット生命、huluをはじめ、2017年7月現在100社以上。「日経MJ」「東洋経済オンライン」でも連載を担当している。

「2018年 『成果につながる! 仕事と時間の「仕組み術」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方のその他の作品

野呂エイシロウの作品

稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方を本棚に登録しているひと

ツイートする