あなたの会社が90日で儲かる!(感情マーケティングでお客をつかむ) (Forest 2545 Shinsyo)

著者 :
  • フォレスト出版
3.89
  • (23)
  • (29)
  • (23)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 334
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894518049

作品紹介・あらすじ

1999年12月。一冊のピンクの本が日本に衝撃を与えた!この一冊が倒産寸前の出版社だけでなく、多くの会社を救った!さらに、ピンクの本に影響を受け、多くのベストセラー著者が生まれたのは出版業界では有名な話。カリスマ・コンサルタント神田昌典の衝撃のベストセラーの新書化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/11/20購入 丸善ジュンク堂書店梅田店

  • 面白かった。
    マーケティング手法の本。
    顧客は、感情で物を買う。
    確かに~と思う。
    商売したくなりますね。

  • エモーショナルマーケティング
    詐欺師はなぜ良くもない商品を売ることができるのか?

    マフィアオファーというマーケティング手法に似てました。

    具体例を元に実践の仕方も書かれているので、内容は良いのだが、説明の仕方が人を小馬鹿にした感じであんまり好きではない。印象は残りやすいのだろうが。なので、星3つ。内容は面白いし、すぐに実践したくなる。

    以下メモ。

    良い商品が売れるのではなく、継続して買ってくれる商品が良い商品。悪い商品でも、宣伝の仕方で売ることはできる!

    いますぐ客の競争はやめて、見込み客を育てる活動を!

    御用聞き営業から、客から歩み寄ってくる営業スタイルに!

    人の感情は、
    1. こんなことができます、よりこんな困っていることが解消できます、の方が響く。
    2.緊急性。時間が迫っています。
    3.認知的不協和。バランスをあえて崩す。手書きとか。

    広告は目的を持つ。売るのか、イメージアップなのか。売る場合は、文字重視で良い。

    顧客が興味を示してから、購入までのステップを考える。サンプル、低価格サービスなど。

  • 人は理屈では買わない。
    欲しいと言わせてから売り込む。
    お互いが利益を取れる関係。
    競合の少ないそのうち客をターゲット。
    面白いタイトル。

  • エモーショナルマーケティングについて書かれています。

    エモーショナルマーケティングの核を要約すると、

    お客様は
    「商品がいいから買う」のでない。
    「商品がいいと思うから買う」のだ。

    確かに。
    リピートは商品力、初回の購入は販売力だと思います。

    どのような業界でも通用するということ。

    モバイルでも活かせそうな部分がありました。
    あとはどのように活かすかですね。

  • セールスの真理、を言ってると思う。
    これがきっちり身についたら何でも売れそう。

  • 人は感情で買う
    という理論に基づいた感情マーケティングの本。

    これを読むと、いかに「コトバ」が大事かというのが改めて分かる

  • 人は理屈で買うのではない。感情で買うのだ。そしてあとから理屈をつける。

  • 最近の広告がこのようになったのは、この本の影響だったのかな。

  • 感情に訴求して、欲しい! と思わせる秘訣。ツールが変わっても手法は応用出来るPRの本質の塊のような商売人必読書。

全23件中 1 - 10件を表示

あなたの会社が90日で儲かる!(感情マーケティングでお客をつかむ) (Forest 2545 Shinsyo)のその他の作品

神田昌典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたの会社が90日で儲かる!(感情マーケティングでお客をつかむ) (Forest 2545 Shinsyo)を本棚に登録しているひと

ツイートする