脳は記憶を消したがる (フォレスト2545新書)

著者 :
  • フォレスト出版
2.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894519428

作品紹介・あらすじ

記憶力は重要ではなかった!超音波モーター、ロボット触覚の第一人者が、記憶の正体を科学的に解明。「記憶力なんて悪くてもいいんだ」を証明する!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 記憶とは、フィードバックを繰り返し、誤差を修正しながら、フィードフォワードモデルを構築するためにある、という主張をしている本。
    フィードフォワードモデルは、無意識下で行われるため、モデルを構築してしまえば、もはや記憶は必要なくなる。
    人間の学習のメカニズムと、記憶の仕組みを統合して説明されているという点で、理解を整理することができた。

  • サヴァン症候群 認知症 ラッツ&スター シャネルズ 背に腹は変えられない エピソード記憶 古文 弁護士 司法試験 慶応大学教授 体で覚えている非宣言的記憶 大人になってからのスピーチ能力の上達は、スポーツのスキルの上達と同様、非宣言的記憶の学習の一種だと考えられる エアコン 生物でいうと、反射がフィードバック制御だ。 上達とは、フィードフォワード制御への移行なのである。 テニス スウィートスポット 逆モデル 理想と現実の差をはっきりと理解し、それを解決するにはどうすればいいかを検討するフィードバック誤差学習 バウンドヒット法 リズムをうまく取れるようになる 自分の理想が低ければ、自分はもう理想に達しているわけだから、さらに成長する必要がない。これでフィードバック誤差学習の回路を閉じてしまう。 人間は、いくつになろうともフィードバック的な刺激を求めている。 新しい経験をしないと忘れやすくなる 感情は記憶にメリハリをつける為に存在する 悩みを解決できなければ、辛い思い出と悩みだけが蓄積されていく、フィードバック誤差学習をしないでフィードバック制御のみ行うので、何度経験しても辛いことは辛いままだ。そのまま歳を取ると、残念ながら、あまり幸福ではないのかもしれない。 何かにとらわれているよりも、別のことで頑張っていると報われるもんなんだ 立ち止まるのはいけない。フィードバック誤差学習の放棄だから無限フィードバックループにはまってしまい、悩みは克服出来ない。 勇気ある撤退 邁進することとセット 昆虫 風 万物は流転する 荘士 宇宙

  • 記憶を逆補完する学習の方がメインテーマですね

  • 2階書架 : WL300/MAE : 3410156876

全4件中 1 - 4件を表示

前野隆司の作品

ツイートする