前祝いの法則

  • フォレスト出版
2.80
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894519824

作品紹介・あらすじ

◆「お花見」は未来を先に祝ってしまう日本の「引き寄せ」の法則だった!

未来の姿を先に喜び、祝ってしまうことで
現実を引き寄せることを「予祝(よしゅく)」と言います。
平凡社の『世界大百科事典』には、次のように説明されています。

「豊作や多産を祈って、一年間の農作業や秋の豊作を模擬実演する呪術行事。
農耕儀礼の一つとして〈予祝行事〉が行われることが多い。
あらかじめ期待する結果を模擬的に表現すると、そのとおりの結果が得られるという
俗信にもとづいて行われる。
小正月に集中的に行われ,農耕開始の儀礼ともなっている。
一種の占いを伴うこともある。
庭田植(にわたうえ)、繭玉(まゆだま)、粟穂稗穂(あわほひえぼ)、
鳥追、成木(なりき)責めなど地方色豊かなものが多い」

つまり、お花見とは秋の豊作を先に祝って、
みなで祝杯をあげる、「予祝」という引き寄せの儀式だったのです。

日本人は、この予祝の効果を忘れてしまっています。
しかし、これに気づいた人は、奇跡と呼べるような引き寄せをしているのです。

・31年間、甲子園出場を果たせなかった監督が「予祝ビデオ」で、
甲子園出場を先に祝ってしまったら、本当に甲子園出場を果たした。
・あるK-1選手が、格闘王者に勝利した喜びを予祝して、
ケガにより別の選手の対戦カードを引き寄せ、1RでKO勝利をしてしまった。
・ある小学校で、それまでの最高が652回だった大縄跳びの記録を生徒全員で予祝して、
最高記録700回を達成してしまった。
・つぶれる寸前に追い込まれた居酒屋が、スタッフ全員で成功した姿を予祝インタビューという形で行い、
その直後から行列店になってしまった。

そのほか、予祝をしてその通りに現実を引き寄せた事例がたくさんあります。
なぜ、予祝で夢を引き寄せるのか?
この本では、その秘密を解き明かしていきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良い事があったから「祝う」と言う事が、当たり前のように思われるが、著書ではその逆である、先に良い事をイメージして祝う。その後、それが実現しやすい事を実体験を通して書かれている辺りは、少なからず的外れな事を言っているのでは無いのかと感じます。気持ちの持ちような部分もあるかもしれませんが、気持ち的には前向きになれます。この手の内容は、実際に読むだけでなく実行してから効果が感じられると思うので、あとは読んだ方次第になるでしょう。

  • 居酒屋「てっぺん」の代表大嶋さんの本。予祝。先に祝っておこう!!いいイメージをもてば、結果はあとからついてくる。大事なのはいいイメージをもつこと。プラス思考を目指すわたしにはピッタリかも☻ただうまくいかなかった時のフォローができるかなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ひすいこたろうはコピーライター、漢字セラピスト。代表作に『あした死ぬかもよ?』。その他の著書に、『3秒でハッピーになる名言セラピー』『漢字幸せ読本』など。

前祝いの法則のその他の作品

前祝いの法則 Kindle版 前祝いの法則 ひすいこたろう

ひすいこたろうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
恩田 陸
辻村 深月
村田 沙耶香
ひすいこたろう
リンダ グラット...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする