なにこれ!? 北海道学

著者 :
  • 北海道新聞社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894536944

作品紹介・あらすじ

「落花生をまくのは北海道だけ?」「たくちゃん貯金箱はお宝アイテム?」。道産子も、そうでない人も、目からウロコの新・北海道入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北海道のウンチクは別の人がかる~い本を何冊も書いているけど、こちらの本を書いたのは北海道開拓記念館の学芸員さんです。もともと北海道の人ではないので、カルチャーショックから違いを取り上げているところはわかりやすい。でも、後半になってくると「北海道学」というだけあって、歴史資料をひもといて、歴史からルーツをさぐりはじめるので、本職の仕事になってました。それもまた興味深く読めました。
    北海道は100年しか歴史がないとよく言うけれど、縄文人もいたし、アイヌのひとたちもいたのだから、けっして新しくない、というくだりはなるほどと思いました。
    表紙のクマは北海道拓殖銀行のキャラクター貯金箱です。なぜか、このシリーズのクマさん貯金箱を、写真で全部紹介してあります。

  • 北海道開拓記念館の学芸員さんの本。
    雑学系。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

池田 貴夫
北海道博物館学芸員
〈主な研究業績〉
『クマ祭り─文化観をめぐる社会情報学─』第一書房,2009年
「日本領期樺太の民俗・緒論」『日本民俗学』第272号,2012年
『なにこれ!? 北海道学』北海道新聞社,2013年


「2017年 『北東アジアにおける帝国と地域社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田貴夫の作品

ツイートする