礼文短歌 蕊(しべ)

著者 :
  • 北海道新聞社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894538887

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 氷期から 命繋げる蕊【しべ】たちよ 今年の春の寒さはいかが
      杣田【そまだ】美野里

     作者は、レブンアツモリソウやレブンコザクラなど、礼文島の野花を撮影し続けている植物写真家。このたび、それらの美しい写真と短歌を組み合わせた著書「礼文短歌 蕊」が刊行になった。

     家族とともに東京から礼文島に移り住んで、25年。島のガイドブックはじめ、多くの著書があり、盗掘防止など自然保護活動にも取り組んでいるという。

     掲出歌は、エゾノハクサンイチゲの写真に添えられた歌。真っ白な萼片【がくへん】が花びらのように見え、それに囲まれているのは、雌しべたち。何万年も前から「命」をつないでいる高山植物の、豊かな生命力が芳香を放っている。

      永久永遠【とわとわ】に 咲き継いでゆけ あつもり草 人の歴史は 置き去りにして

     「人の歴史」よりも、植物の歴史はずっと長く続いている。虫たちと共生しながら、次の世代へと確実に「咲き継いで」ゆく花々の姿に、ヒトはもっと謙虚になるべきだと考えさせられる。

     短歌とともに、短いエッセーもアクセントになっている。礼文島では、畑仕事などをしていると、「奧さん、イッショケンメイ」と声をかけられるそうだ。挨拶がわりの言葉だが、地道に、懸命に働く姿へのねぎらいとして、心あたたまる言葉と思う。

     礼文から見る利尻山や、しべの揺れ、露に濡れる花びら―表情豊かな写真とともに、「礼文短歌」という新たなジャンルが誕生したことを、言祝【ことほ】ぎたい。
    (2018年2月11日掲載)

全1件中 1 - 1件を表示

杣田美野里の作品

礼文短歌 蕊(しべ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする