こどもとおとなスクランブル・ノート

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.64
  • (3)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894561519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんというか、こういう考え方が理想なワケですつまり。(こと教育に関しては)
    「枠を作らない」ってのはこう。
    あと、字義通りに受け取らないでってゆうのも。韜晦もひとつの。

    五味太郎の本は、ほんと、
    いや、おもしろい。

  • 五味さんの絵本じゃない本。
    若干ダーク。いや、ピュア?素直?表と裏。
    好きです。

  • 絵本の雰囲気そのままのエッセイ。深読みすればいくらでも難しくすることが出来る。さらりとした読み物でも良いし、子育ての参考にでも面白い。

  • 物の見方を、いろんな方向から見てみようって気になった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

五味 太郎(ごみ たろう)
1945年、東京都生まれの絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

五味太郎の作品

ツイートする