魔女伝説 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894564183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012.1.19(木)¥294。
    2012.2.17(金)。

  • 題名から想像すると、なんだか怪奇ホラー小説みたいなのですが、じつはこれが超能力おねいさんのお話なのです。まったくこの時代の作家さんたちはなにを考えていたのでしょうねぇ。普通の家庭の奥様がテレパシーの超能力を持ってしまって、そして政府とアメリカのエスパーハンターから逃げまわるお話なのです。でも物語の軸足は、その奥さんと夫の強い愛と絆に置かれていて、なんともむづがゆい感じのする小説なのです。この本、尾張地方の某TSKで時々やっているチャリティ本販売で10円で買ったものです。そのとき他にも『岬一郎の抵抗』1,3を買ってしまって、2を探すのにかなり苦労しました。やっと三冊揃ったので、ぼちぼち読み始めようかな。『岬一郎の抵抗』は3月の台湾3泊四日の出張に持っていこうかな、と思っているところです。それにしても、半村良先生はもともと好きだし、と思って買ったのですけどね、ちょっとてこづりました。『魔女伝説』を読み始めたのはたぶん昨年末。年を越してそしてさらに一月も過ぎ二月になってやっと読了です。だからこの本はわたしの出張のお供となって、台湾や旭川や四国の新居浜などをてんてんと旅しています。で、面白さは、というと、まあ読まんでも良いです。はっきり言って時代遅れのSFでござんすから。すまんこって。

全2件中 1 - 2件を表示

魔女伝説 (ハルキ文庫)のその他の作品

半村良の作品

ツイートする