時の顔 (ハルキ文庫)

著者 : 小松左京
  • 角川春樹事務所 (1998年12月発売)
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (535ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894564763

時の顔 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集11編
    表題作が面白い

  • 巨匠・小松左京の短編のうち、「時間」をテーマにした作品を集めた短編集。比較的初期の作品が多いせいか粗削りな印象の作品が多く、こなれていない感を受けるところも正直あります。ハルキ文庫に納められたその他の短編集と比較すると若干地味め。

    が、SFデビュー作「地には平和を」に込められたパワーは凄かったですね。この作品も「こなれていない感」がある最初期の作品なんですが、小松左京にしか描けない独特の世界観・社会観・人間観が既ににじみ出ています。「ホムンよ故郷を見よ」も良かったですね。彼の作品は、SFの枠を超えるメッセージが常に秘められています。一SF者として、読むたびに身が引き締まる思いがします。

  • 大好きな小松さんの、大好きな時間SF。
    「時の顔」「御先祖様万歳」「地には平和を」が既読。

    「お茶漬の味」はSFっぽさも、日本人に訴えかける切なさも、素晴らしかった。「ホムンよ故郷を見よ」のスケールのでかさに唸り、「哲学者の小径」は京都で学生生活を送ったものにはまた格別の響きがあり、「比丘尼の死」「骨」の怪奇ホラー風味にぞくぞくする。
    「痩せがまんの系譜」「失われた結末」にはふふっと笑ったり。

    小松さんの作品は、宇宙ものと時間ものが特に好き。
    とはいえ未読の作品がたくさんあるので、どんどん読んでいきたい。

  • タイムトラベルものの短編集。表題作は、タイムトラベルと本格推理が融合した傑作。

  • 小松左京氏の作品は2作目。復活の日、が面白すぎたので、それと比較すると物足りない。こちらは短編集だけれど、彼の作品は長編の方が面白い予感がする。

全5件中 1 - 5件を表示

時の顔 (ハルキ文庫)のその他の作品

時の顔 (角川文庫) Kindle版 時の顔 (角川文庫) 小松左京

小松左京の作品

時の顔 (ハルキ文庫)はこんな本です

ツイートする