私という名の変奏曲 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.61
  • (6)
  • (8)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894564923

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 謎が魅力的なうえダイナミックなトリックが楽しめるが、心理描写過多でだれる。このネタなら、もっとすっきり描いてほしかった。

  • この人の本は中毒性がある。

  • 7人の男女が1人の女性を殺したと主張する不可思議な状況。このような殺人が果たして可能なのか非常に興味をそそられました。
    設定や仕掛けは面白いと思いますが、メイントリックはかなり捻くれているので好みが分かれそうです。しかし、こんなトリック思いついただけでも素晴らしいと思います。

  • 2+

  • なぜ、これが話題にならぬ!

    一人の女性モデルが殺された。
    それに対して犯人は七人いるのだ!その七人は全員が全員自分が犯人だと確信しているわけで、この謎をどう解明するのか。

    捜査過程、容疑者たちの背景、全てが緻密。
    真相も納得いった。

    何か、他の人の感想がめちゃくちゃ気になる。

  • かなり変則な叙述トリック。犯人が特定されないのに、解決されている。究極のハウダニット?

  • 構成は非常に面白いけれど、そのせいで若干退屈になっているきらいがあるのが少し残念。

  • すごいなあこの発想。
    ウェットな読後感が独特。
    ○○が、必ずしも限定しなくてもいいという発想がすごい。
    やりきれないストーリーだけど、ミステリとしての考え方は卓越していると思う。

  • すごく面白いです。

  • 持っているのは新潮文庫

全14件中 1 - 10件を表示

私という名の変奏曲 (ハルキ文庫)のその他の作品

連城三紀彦の作品

ツイートする