愛さないの、愛せないの (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.88
  • (9)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894566736

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 水妖記5の1
    「猫が三匹死んだ 一匹は退屈で 一匹は溺れて 一匹は恋で」
    という詩がお気に入り。
    角川文庫 寺山修司少女詩集の方にはこの詩だけ載っていなかった。

  • 生粋の詩人ではある。猫と恋がごっちゃになるやつ好き。伝わりやすい優しさに、人間の神髄を乗せ、誰に嫌われることない構成力は知性とセンスの深い作者のグッジョブ。

  • 読みやすかった。

  • 甘くて毒々しい夢のような寺山修司の世界。詩や小説を満喫できます。

  • どうしてだか、この人の詩を読むと、胸が締め付けられる感じがします。
    悲しい感情ではありません、寂しくもありません、なんともいえないきもちになります。
    その感じをわたしはとても好いています。

全7件中 1 - 7件を表示

寺山修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ガブリエル ガル...
三島 由紀夫
三島 由紀夫
J.L. ボルヘ...
遠藤 周作
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする