三国志〈2の巻〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

著者 : 北方謙三
  • 角川春樹事務所 (2001年7月1日発売)
3.85
  • (169)
  • (168)
  • (232)
  • (9)
  • (1)
  • 本棚登録 :1367
  • レビュー :102
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894568754

作品紹介

繁栄を極めたかつての都は、焦土と化した。長安に遷都した董卓の暴虐は一層激しさを増していく。主の横暴をよそに、病に伏せる妻に痛心する呂布。その機に乗じ、政事への野望を目論む王允は、董卓の信頼厚い呂布と妻に姦計をめぐらす。一方、百万の青州黄巾軍に僅か三万の兵で挑む曹操。父・孫堅の遺志を胸に秘め、覇業を目指す孫策。そして、関羽、張飛とともに予州で機を伺う劉備。秋の風が波瀾を起こす、北方"三国志"第二巻。

三国志〈2の巻〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 曹操が青州黄巾族を破り、孫策が袁術と袂を分かつ。徐々に話が動いてきた第2巻。
    袁紹、公孫瓚あたりが誰にどう倒されていくのか記憶にないけど、次の巻ではそろそろ絞られてくるのかな。
    面白くなってきた。

  • 相変わらず曹操が熱い。
    が、読み終えた時、一番印象に残ったのは呂布だった。

    戦好きで、獣のような豪傑かと思っていたが、そうでなかった。
    瑶や赤兎には、この上ない愛情を注いだ。

    地位や名誉、財に、女。
    俗人が欲する物には、さほど関心を示さない。

    愛妻と愛馬
    麾下の五百騎
    戦での勝利

    それが呂布奉先の全てだ。

    二巻の主役は呂布。
    そう思えるほど、呂布の印象は強くのこった。

  • 第一巻終盤での孫堅の死を受け、各地の諸侯も動き出す。暴虐を極める董卓を妻のために討ち、混乱状態の長安を抜け出した呂布。亡き父孫堅の遺志を抱き覇業を目指す孫策。時機を見ながら着実に兵を増やし声望を高める劉備。百万の青州黄巾軍に三万の兵で挑む曹操。物語も波乱を迎えるにつれて、誰が主役と言ってもおかしくない状況だ。今回個人的に印象深かったのは、曹操の戦略的な戦い方である。百万の兵に対して三万の兵で向かうという無謀としか思えない戦いで、苦闘を制し見事に降伏させた曹操。何度も何度も攻撃をしては退きを繰り返す。兵を戦略的に分散させる。敵の心理を汲み取った戦略も見事なものだが、何より、その戦略を遂行するために疲弊していく兵をまとめ上げる力。兵の勝手な動きで戦略が乱れぬよう、耐えさせる力。戦略、遂行、統率、兵の動かし方と、曹操の力が全てにおいて発揮されており、リーダーとしての学びが非常に大きい場面だった。

  • 男なら自分のために闘うべきなのです。そういう男にこそ、女は魅かれるのです。生涯を捧げてもいいという気になれるのです。

    いま、自分はこれでいいのだ。曹操がどう飛躍しようと、自分は自分だ。人には、それぞれ与えられた秋がある。

  • 呂布がいいですね。たくさんの魅力的な主人公が次々現れるこの三国志の中でも白眉ですね。戦闘バカで残忍のようでありながら、妻や部下に対しては愛情深く、最後は陳宮を援けようとして討たれてしまう。最後の戦場で傷つき、その治療のために劉備軍の馬の名人・成玄固に預けられた呂布の愛馬の赤兎が呂布の死を知るシーンは、ここまでの中でも第一級でしょう

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    繁栄を極めたかつての都は、焦土と化した。長安に遷都した董卓の暴虐は一層激しさを増していく。主の横暴をよそに、病に伏せる妻に痛心する呂布。その機に乗じ、政事への野望を目論む王允は、董卓の信頼厚い呂布と妻に姦計をめぐらす。一方、エン州を制し、百万の青州黄巾軍に僅か三万の兵で挑む曹操。父・孫堅の遺志を胸に秘め、覇業を目指す孫策。そして、関羽・張飛とともに予州で機を伺う劉備。秋の風が波瀾を起こす、北方<三国志>第二巻。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・時代小説・中国


    ++++1

  • 呂布がここまで格好良く、人間味を持って描かれているのはこの作品だけな気がする。

  • 乱れて来たなー。
    北方水滸伝は中央政府との戦いだったから辺境との交遊が多く書かれたけど、今回は群雄割拠の時代で、国盗り物語的な魅力がある。
    北方先生の時代小説の魅力の一つに、過酷な軍事調練のシーンが挙げられてもいいと思うんだが。
    すごくきつそうで、限界を超えるまで追い込んで、強くなってゆく。
    呂布と赤兎馬の交流は、ペットロス症候群になったりする現代人にも通ずるところがあるで笑。
    劉備のだめんずっぷりが徐々に露わになって来て、これもまた素晴らしいね。徳の将軍というイメージでブランディングするろくでなし。素晴らしい劉備像、すごくリアリティーがある。

  • 呂布が好き

  • 再読。

    やはり魅力あるのは呂布。
    それに孫策登場。

    青州黄巾軍と曹操の講和シーンには涙した。

    ささ、次巻へ。

全102件中 1 - 10件を表示

三国志〈2の巻〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)のその他の作品

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

三国志〈2の巻〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)に関連するまとめ

三国志〈2の巻〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)はこんな本です

三国志〈2の巻〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする