C++ネットワークプログラミング―ネットワークアプリケーション設計に役立つACEとデザインパターン (C++ in‐depth series)

制作 : Douglas C. Schmidt  Stephen D. Huston  浜田 真理  浜田 光之 
  • ピアソンエデュケーション
3.09
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894714786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • CORBAの大家、ダグラスシュミットの数ある著書のうちで翻訳版が出ている唯一のもの。
    訳がいまいちという批評も目にするが、あまりそうとも思わない。
    それ以前に内容が難しいからそこまで行かないのか。
    ACEなどの概要を掴むという目的では少し物足りないというか、ターゲットがずれているのかも知れない。ぴったり来るものは意外と見つからない。

  • 自身もネットワークプログラミング関係をやることで購入、参考にした本でした。Gather書き込み(writev)なんてのは、この本で知りました。

    ACEを使用したことはありませんが、本を読む限りではちょっと古いスタイルといった感じですかね。痒いところに手が届かなくなることがないように、非常に薄くWrapしているためなのか?型の責務がはっきりしないものがあるなぁという感じを受けました。

    自分でネットワークのフレームワークを作るとしたら、もうちょっとメタなフレームワークにしたいなと思います。

  • ACEの肝心な部分については続編に書かれている。

  • まだ読んでいない。買った当初はかなり高度で、チラッと見てもよくわからなかった。ネットワークアプリのデザインパターンについての記述があるので、是非、読みたい本である。オブジェクト指向、デザインパターン、C++が理解していないと読めない書籍である。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
W.リチャード ...
JohnR. L...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする