アジャイルソフトウェア開発 (The Agile Software Development Series)

制作 : 株式会社テクノロジックアート 
  • ピアソン・エデュケーション
3.57
  • (5)
  • (8)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894715790

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大前提は納期。早期の納品を繰り返すことで、いいことがたくさん。

    マイルストーンを継続的に達成する(納品する)ことで、チームが継続的な勝利をつかめ、メリハリを設けることができる。
    ユーザーから素早いフィードバックを受けられることで、PJの方向性やプライオリティを変更しやすい体制。

    そのために必要なことは、早くソースコードを作るためにも「文書化のアクテイビティはできるだけ遅く、少なくする」「コードライブラリなど、サンプルを充実させる」「集中タイムをつくりましょ」「ボトルネック作業を担当している人以外の力量を増やす」etc...

    今できることは、を考えると、コードライブラリ作りましょか~って思いました。

    あと、面白かったのは「極意一:優秀な選手がいるチームが必ず勝つ」かな。ま、企業に勤めている限り、新人がチームに入ってきたりして、優秀な人だけで開発するのはできないよなーなんて。
    あとあと、テクノロジーやプロジェクトプライオリティ、カルチャーなどが違えば共通の方法論なんてあるわけないじゃん。その時その時でどうすれば納期が守れるか考えてよ。

  • 効率的なコミュニケーションをとるための
    ファシリティの改善・考察などが参考になって

  • アジャイルとかXPとかは、普段なにげなくやっていることを体系的に記述したものだと思います。

    本書の付録に、武蔵の五輪書についての記述があります。
    古くからやっていたことを、新しい道具でやるとどうなるかということの一面が、アジャイルでありXPではないかと思いました。

    あたりまえのことをあたりまえのようにやっているのがアジャイルだということを再確認できるよい本だと思います。

  • なんでこんなクリスタル押すんだ~??ッて思ったら、コーバーンさん提唱者だったのね~気づくの遅い・・・;
    これを一番初めに読んで、まあ、アジャイルってこんな感じってのはわかりました。
    方法論の比べ方とか、そのあたりの内容がなんかおもしろかった

  • ソフトウエア開発手法で悩んでいるマネージャー諸氏へ。この程度の手法からはじめるのが良いと思います。ただし、あなたが人命にかかわるソフトを扱っていないとする。

全6件中 1 - 6件を表示

アリスター・コーバーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
トム デマルコ
Joel Spo...
エリヤフ・ゴール...
ケント ベック
有効な右矢印 無効な右矢印

アジャイルソフトウェア開発 (The Agile Software Development Series)を本棚に登録しているひと

ツイートする