現代ファイナンス論 改訂版 ― 意思決定のための理論と実践

制作 : 大前 恵一朗 
  • ピアソン・エデュケーション
3.62
  • (8)
  • (3)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (582ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894716438

作品紹介・あらすじ

1997年ノーベル経済学賞受賞のロバート・C.マートン教授らによる最新ファイナンス・テキスト!ブラック=ショールズ・モデルを含め、最新のファイナンス理論をわかりやすく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金融について専門的に勉強したい人はまずこれを読んで損はないでしょう。僕は大学院で金融専攻するため学部の時に読みました。複雑な数式はそれほどなく(オプションのブラック・ショールズ式くらい)、それでもファイナンスで必要最低限の概念である割引現在価値やそれを用いた投資意思決定法(NPV、IRRなど色々)が身に付きます。文章も読みやすいです。

  • 本書はノーベル経済学賞を受賞したロバート・マートンの金融論の本である。金融論と言っても家計から企業の意思決定まで幅広く取り扱われており、複雑な数式もあまり出てこない。また、複利からB/S・P/L・キャッシュフロー計算書といった財務諸表の基礎知識をこれ一冊で学べる。デリバティブについても深く切り込んだ内容ではなく、基本的な内容が多いのでその点については若干物足りなさを感じる読者もいるかもしれない。
    本書は基礎知識とは言いながらも金融理論や証券、企業金融を複合的にかつ、当たり前のように取り扱っているため初めて手に取る読者にとっては重い一冊かもしれない。しかし、社会人になって財務を経験していると当たり前のようにデリバティブが行われており、本書が社会人の血肉となると思われる。

  • MBAの教科書にも使われている良書。
    それほど複雑な数式が出てくるでもなく、各章ごとにまとめや一問一答が用意されているので段階を踏みながら読んでいけます。

全3件中 1 - 3件を表示

ツヴィ・ボディーの作品

現代ファイナンス論 改訂版 ― 意思決定のための理論と実践を本棚に登録しているひと

ツイートする