心理学を変えた40の研究―心理学の“常識”はこうして生まれた

制作 : ロジャー・R. ホック  Roger R. Hock  梶川 達也  花村 珠美 
  • ピアソンエデュケーション
3.50
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894716698

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・浅い眠りからどんどん深い眠りに入り、徐々に眠りが浅くなる。最も浅くなるとREMが起こる。眠り全体の20%程度がREMで妨げるとリバウンドが起こる。妨げている期間、不安、いらいら、食欲増進の傾向がある。アルコール、鎮静剤等はREMを抑制する効果がある(REMを観察して、REM後に起こすという対照実験をし、睡眠不足の結果では無い事を確認している)

    ・REM睡眠時には脳幹部の脳橋が活性化している。
    「夢に辻褄が合わないという事は脳と心がきちんと機能していないからであり、また意味を持っているというのは、カオスの中から何らかの秩序を作り出そうとする補完的な努力が行われているからである。その秩序とは、私たちの個人的な世界観であり、現在心を奪われている事柄であり、遠い記憶、感情、信念である。それだけの事だ。」―J・A・ホブソン

    ・パブロフの条件反射は20回程度で条件づけられるが、条件を解くには427回ほど必要。バニラの香り→レモンの香り→餌(唾液)で条件付け、レモン→バニラをかがせた。

    ・ピグマリオン効果。偏差値、IQなど学校の教師に生徒への期待が高まる前情報を与えるとでたらめのデータでも生徒の成績が上がる。教師の接し方の変化のせいで、他の生徒に不公平。

  • 取り上げているテーマは多岐に渡り、現在の心理学、認知科学を概観出来ると思う。ただし論文を読む気のある人向け。

  • これから心理学を学びたいという人たちを含む、
    心理学を知らない人に読んでほしい心理学本です。

    有名どころの研究とその影響が抑えられており、
    幅広い研究テーマを実証するための創意工夫に驚いたり、
    その実験でそこまで言い切っちゃうのと疑ったり、
    しっかり読めば実際の心理学の良いところも悪いところも分かるかと思います。
    研究への批判までしっかり載っているので、
    考えながら読む良い練習にもなるんじゃないでしょうか。


    論文について分かりやすい語り口でまとめた本なので、
    科学雑誌を読むくらいの感じで読み進めることができるかと。

  • 40という限定された数の研究の紹介であるが、有名な研究がほぼ網羅されている。心理学概論を学習する時にはもってこいの本である。また、講義にも役立つであろう。概念ばかり教えるという心理学入門はもう止めにして、こうした実験を多く紹介して、さらに学生もいくつかは出来るように紹介されているので、授業で役立つ。条件反射と瞳孔の実験で、ベルを鳴らして電気を消すという状況を繰り返すと、ベルを鳴らすだけで瞳孔が開くという実験がいいかもしれない。

  •  心理学史における重要な40の研究をまとめた一冊。
     
     この本のいいところは三つ。
     まず非常に多ジャンルに渡る分野から選んでいることである。右脳左脳の研究に始まりミルグラムの服従実験で終わる。実験的なものに限らず、行動系だけでなく、認知心理学的なものや心理療法、精神医学、社会心理学まで、非常にバランスよく載っている。
     二つ目はそれぞれの研究について背景や批判、その後の展望がまとめられている点だ。その研究が心理学史や社会にどんな影響を与えたかが分かるのでとてもためになる。
     そして最後に分かった気になってることが多いということに気づかせてくれる点だ。非常に重要な研究についてすっかり頭から抜けていることに気づかせてくれることが多々あった。
     各研究のこぼれ話も興味深い。アルバート坊やが実は孤児で学習の消去が行われなかったという話は衝撃だ。

    そういえば聞いたことあるな的な、だが重要な心理学研究について詳細がまとめられているのは非常に助かる。値段はやや高いが、心理学に携わる人は手元に置いておく価値がある。

  • 心理学で「これは欠かせない」と認められている理論を、仮説・研究方法・結果と議論・最近の展開…という形式で40件紹介している、分かりやすい本。
    つまり、明確に定義できる科学的な方法によって発見された理論を研究者に代わって代弁します、って感じ。
    初心者向けで理論一つひとつを気ままに思いついたときに読みたいのだが、重量がパネェ!ので持ち運びが大変。

  • この本はとても勉強になる。それは知識が得られるということだけでなく、目の前にある問題を「どのように解決するか」について学ぶことができるからである。心理学ではある事実や法則を発見するために、ただ偶然を期待して実験を行うわけではない。一般的にはいつも綿密な計画を立てるが、中には極めて巧妙な方法で実験が行われることがある。それらの経緯を学ぶ価値はとても大きい。新しい実験の枠組みを考える場合にとても参考になる。
    これから心理学を学び始める学生に、ぜひおすすめしたい一冊。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

心理学を変えた40の研究―心理学の“常識”はこうして生まれたを本棚に登録しているひと

ツイートする