ジャワの宗教と社会―スハルト体制下インドネシアの民族誌的メモワール

著者 :
  • ひつじ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894761513

作品紹介・あらすじ

80年代インドネシア・ジャワで繰り広げられた、国家と諸宗教の複雑な闘争のドラマ。政教分離を迫る政府とイスラム勢力の抵抗、そのイスラムに拮抗し、合従連衡をくりかえすジャワ主義教団、そして全ての権力を覆すサミン運動。スハルト体制下の錯綜とした宗教潮流が、民族誌的細密画としてここに登場する。

著者プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科教授

「2019年 『予測がつくる社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福島真人の作品

ジャワの宗教と社会―スハルト体制下インドネシアの民族誌的メモワールを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする
×