アジア太平洋の日本語 (真田信治著作選集 シリーズ日本語の動態 第3巻)

著者 :
制作 : 大崎善治(装丁) 
  • ひつじ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894769175

作品紹介・あらすじ

「日本語の動態」に関するシリーズの第3巻である。本書では、かつての日本の統治下で日本語を第二言語として習得した人々の日本語運用に関して、また、台湾の宜蘭県で発見された日本語系クレオール語の実態について、著者の既発表の論稿をセレクトし集成した。記述の情況はいずれも国語教育、日本語教育に当たって基本的に踏まえておくべき内容である。教育、研究に携わる人だけでなく、一般の方々に是非とも読んでいただきたい。

著者プロフィール

大阪大学名誉教授。1946年、富山県生まれ。東北大学大学院修了(1970年)。文学博士(大阪大学、1990年)。国立国語研究所研究員、大阪大学大学院教授などを経て現職。専門は、日本語学・社会言語学・接触言語学。

「2019年 『ことばの習得と意識』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真田信治の作品

アジア太平洋の日本語 (真田信治著作選集 シリーズ日本語の動態 第3巻)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする