学校図書館のつかい方―読書力アップ!

著者 :
  • 光村図書出版
4.06
  • (11)
  • (13)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 131
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895286688

作品紹介・あらすじ

だれでもできる図書館運営マニュアル。学校図書館のBefore→After PART2。リクエストカード・貸出カード・読書郵便・図書館クイズなど、今すぐつかえるテンプレート集付。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 在宅ワークで、再読。

    学校司書のいろはが写真入りで丁寧に書いてある。

    仕事内容、計画の立て方、図書委員やボランティアとの関わり方、イベント案などなど…ゼロから始める人にもとても分かりやすい本なのだが、小学校の例がほとんどなので、もっと中学校の図書館の写真が見たいなぁ…。

    研修でもらったマニュアルには、『書架の配置は0類から時計回りに』と書いてあったが、この本では『調べ学習がしやすいように2類、3類、5類を固めて配置する案』が紹介されていて、ヘェ〜なるほどね〜、と思った。

    基本的に本の分類は、司書が決めて良いことになっている。この本でも、その学校にあった分類を…と書いてあるのだが、そこがなかなか難しいところ。
    どの分類の棚にあれば、一番手にとってもらえるか…授業活用がまだまだな分、個人利用の方を念頭に置いている。

    おそらく今年度、中学校では、コロナのために図書館での授業に時間は割けないのではないかと思う。
    どうなるか、まだ分からないけれど、子どもたちの癒しの場になれるよう、一層励みたい。
    2020.5.20

  • 続編。これもいい。唸らされます。
    かん子さんの真髄を見せて頂きました。
    見解の異なる部分は参考程度に、学べる点はおおいに取り入れたいです。
    【2015.1.31再読】

  • 悪くはない・・・と思いました。

    学校司書の仕事とはどんなものかイメージできないお役所の人などには、
    1日のながれも1年を通しての全体の流れもわかるし、
    なかなか良い説明になるのではないでしょうか。
    もちろん新人司書にもそのまま使えるワークシートなどがあり、
    実用性もあると思います。

    ただ1つ、注意点があります。
    校内に詩を掲示するコーナーをつくるというアイデアが紹介されていましたが、
    校内における詩の全文掲示は著作権法上、問題ないとは言えません。
    行う場合には必ず出版社を通じて許可を得て行うべきでしょう。

    STAP細胞の論文騒動でも問われているようなコピペ問題は
    大学を含む学校という組織内での
    意識の低さに由来しているとも言われています。

    赤木さん自身もこうした著作権の問題については、
    学校図書館が児童に指導する責任(の一端)を負うというスタンスだったと思うので、
    なぜこのような脇の甘いことになったのか不思議です。

  • 第2弾。ですが、こちらは司書の基本となる仕事も写真付きで分かりやすく紹介されていて、入門書的な内容です。司書初心者さんにおすすめ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「つかい方」だから、司書さん向けじゃなく、学校の先生向けなのかな?
      「つかい方」だから、司書さん向けじゃなく、学校の先生向けなのかな?
      2012/11/28
    • ゆうさん
      >nyancomaruさん
      先生にも参考になるページは多いですが、司書さんが活用できる内容の方が多いと思います。
      >nyancomaruさん
      先生にも参考になるページは多いですが、司書さんが活用できる内容の方が多いと思います。
      2012/11/28
  • 学校図書館の維持の仕方についての本。
    赤い方の本は持っていたんですが、こちらは公立で借りて読みました。
    まさに今、夏休みにやらなくてはならないことが書かれていて、
    「ははぁ、頑張ります」という気持ちになりました。
    そのうち自分で買うかもしれません。
    司書はもちろん、学校図書館を担当する先生にも読んでほしいなぁと思う本です。

  • すごい!
    今まで参加してきた赤木かん子さんの学校図書館改装の集大成です。
    改装に参加して体を動かして体感したことが、文章と写真でわかりやすく書かれています。

    改装に参加したことがない人も、この本を読めばわかると思うけど、この本を読んでから参加したら、ピンとくると思います。

  • 図書館のしごとがとても忙しい人なのだということがわかる本でした。
    図書館が、そこに来る子どもたちにとって、さらに豊かな場所になりますように。

  • 図書館のお仕事から、図書館の使い方までやさしく教えてくれる本。

  • 実務的な記述はとても参考になる。特に装備。写真での説明がとても丁寧。また、廃棄についての考え方もよくわかる。自分だけの判断でできるものではないので難しいのだが、教員側と話し合いOKを出してもらうための説得材料になると思う。

  • 調べる学習について知りたくて、図書館で借りた。

    図書館の1日、図書館の1年、調べる力アップ!図書館のつかい方、今すぐつかえるテンプレート集、Q&Aコーナー。

    ほんと多忙ですね……専任・専門・正規の学校司書が必要でしょう。
    参考になったのは以下の通り。
    ・新刊展示は写真をとって壁に貼り出す
    ・新刊は2週間貸出禁止
    ・NDC順に並べない(3・5・6をひと固まりにして “日本のくらし” にする)
    ・NDCは2桁めまでは丸暗記
    ・絵本を分類する(「民話」「神話」「伝説」、「天文学」「地学」などの「自然科学」、「心理学」をNDCで分類/絵本の棚は文学のみ)
    ・飾りつけは6年生の男子を基準にする(幼稚な飾りつけはやめる)
    調べる学習の部分では、各学年の学習内容の目安が示されていてわかりやすい。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1984年、子どものときに読んで、作者や題名を忘れてしまった本を、ストーリーの断片からお探ししましょう、という“本の探偵”でデビュー。
以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している。
図書館の改装・改善運動にも積極的に取り組み、近年では特に小中学校の図書館の活性化に努めている。

◆赤木かん子のオフィシャルウェブサイト◆
http://www.akagikanko.jp/



「2014年 『お父さんが教える 図書館の使いかた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤木かん子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
「この本読んで!...
パトリック・ネス
柏葉 幸子
加藤 休ミ
福田 隆浩
辻村 深月
中田 永一
ヨシタケシンスケ
朝井リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×